ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

Windows Server 2008/2008 R2をご利用のお客さまへ

Windows Server 2008 2020年サポート終了

2020年1月にマイクロソフトによるWindows Server 2008/2008 R2の延長サポートが終了します。
サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムを含むすべてのサポートが受けられなくなり、セキュリティリスクが非常に高まります。
サポート終了に備えて、計画的に新しいOSへ移行していただくことをおすすめします。
日立では、最新のOSであるWindows Server 2016への移行を推奨しています。
現在稼動中のシステムの状況を早めに確認し、余裕を持った移行計画の検討が必要です。

マイクロソフトのWindows Server 2008/2008 R2サポート日程

2020年1月にマイクロソフトによるWindows Server 2008/2008 R2の延長サポートが終了します。延長サポートで提供されているセキュリティ更新プログラムも終了するため、脆弱性を狙った攻撃を防ぐことが難しくなります。

余裕を持って移行計画を立てましょう

サーバの移行には、計画から本番運用までおよそ2年かかります。
また、Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に伴うシステム移行は、ビジネス課題の解決や新システムの導入などに取り組むチャンスでもあります。
余裕を持って移行日程の計画を立てましょう。

2020年1月にWindows 7もサポート終了しますので、PCの移行も合わせて検討することをおすすめします。

移行先はWindows Server 2016 をおすすめします

Windows Server 2016 × 日立HA8000Vシリーズ

ビジネス課題の解決や新システムの導入検討はこちらへ

働き方改革