ページの本文へ

Hitachi

指静脈認証ソリューション

指静脈認証スタートパック

指静脈認証に必要なアプリケーションをPCサーバにあらかじめインストールして主な設定作業を済ませ、PCサーバと指静脈認証装置を組み合わせて(アプライアンス化)提供します。

機能

1.Windows®ログオン機能

IDとパスワード、または、パスワード入力の代わりに、指静脈認証のみでWindows®へログオンが可能です。

2.スクリーンセーバーロック解除

スクリーンセーバーのロック解除も、パスワード入力の代わりに指静脈認証のみで行えます。

 指静脈認証によるWindowsログオン画面
指静脈認証によるWindows®ログオン画面

特長

必要なアプリケーションをPCサーバにあらかじめインストールして主な設定作業を済ませた PCサーバと指静脈認証装置を組み合わせてアプライアンス化した「指静脈認証スタートパック 」

1.簡単ログオン&高セキュリティ

指静脈認証装置を使ってログオンする様子

指静脈認証装置に指をかざすだけの簡単な操作で、ITシステムや操作端末へのWindows OS ログオンやスクリーンロック解除が可能です。厳格な本人確認を行うだけでなく、不正アクセスによる情報漏えいを防止する、 高いセキュリティを実現します。

2.簡単導入

  • 指静脈認証を利用するために必要なアプリケーションのインストールや主な設定作業をあらかじめ行った状態で提供
  • 簡易マニュアルに従って指静脈情報の登録やネットワークの設定を行うだけで、指静脈認証を簡単に導入可能
  • アプリケーションのインストールや設定作業を自分で行った場合と比べ、導入工数を最大で約8割低減
*
当社比。指静脈データを保存するためのサーバ用ソフトウェア「Microsoft® SQL Server® 2012 Express」や指静脈認証アプリケーションソフトウェアのPCサーバへのインストール・設定にかかる時間(平均)で比較

3.システム規模や運用管理形態に応じて選べる2タイプ

  • PCサーバを保護する「スタンドアロンタイプ」
  • クライアントPCの保護をPCサーバで集中管理する「クライアント保護タイプ」
  • 利用するPCサーバは、タワーサーバとラックサーバより選択可能

4.安心の5年保証

障害発生を未然に防止し、より長期間、安心して活用していただくために、

    • PCサーバは維持保守サービス(当日オンサイト)と簡易定期点検サービス、リプレース時のHDD破壊サービスをセットにした「おまかせ安心モデルU(5年)」
  • 指静脈認証装置は、引取保守サービス期間が通常1年のところをPCサーバと合わせて5年に延長
  • サーバ/指静脈認証装置に関するお問い合わせサービスもご提供

システム構成

スタンドアロンタイプ
スタンドアロンタイプ

(1)スタンドアロンタイプ

サーバへのログオン情報を指静脈認証で保護

例えばサーバが管理者以外も入室可能な場所に設置 されている場合などに、サーバ管理者権限の保護を 手軽に強化できます。

(2)クライアント保護タイプ

サーバとクライアントPCへのログオン情報を指静脈認証で保護

クライアントPCへのログオン情報や操作履歴をサーバ上で一元管理するため、 利用ユーザー数が多いケースや、各ユーザーが複数の拠点や端末を利用する ケースに適しています。
勤怠管理や業務システムに指静脈認証による本人確認を利用する場合にも、 本タイプを活用することでシステム開発工数を削減します。

クライアント保護タイプ
クライアント保護タイプ

HA8000 タワーサーバ
写真:HA8000/TS20
HA8000/TS20
優れた処理性能と高い拡張性を持った
タワーサーバ
写真:HA8000/TS10
HA8000/TS10
オフィス設置にも適したタワーサーバ
HA8000 ラックサーバ
写真:HA8000/RS220
HA8000/RS220
拡張性の高い2Uラックサーバ
写真:HA8000/RS210
HA8000/RS210
高集積化1Uサイズラックサーバ
写真:HA8000/RS110
HA8000/RS110
省スペース薄型のラックサーバ
日立指静脈認証装置
写真:日立指静脈認証装置 H-1 PC-KCA110
日立指静脈認証装置 H-1 PC-KCA110