ページの本文へ

Hitachi

統合プラットフォーム

【評論】 モダナイゼーションを推進し、業務に新たな価値を提供
垂直統合型プラットフォームの新潮流

世界の主要なITベンダーは、垂直統合型のプラットフォーム製品を一斉に投入し始めた。 これは、かつてのメインフレーム時代に見られた、ベンダーによる囲い込み戦略の再来なのだろうか。それとも、ITシステムに新たな価値をもたらすイノベーションなのだろうか。
垂直統合型プラットフォームの"真実"を読み解いていく。(IDC 小山健治氏 解説)

【アナリスト対談】 "今、あらためて考えるベスト・オブ・ブリードの是非"
仮想化、クラウド時代に求められる "攻めのIT活用"を実現する運用管理のキモ

仮想化、クラウドによりIT活用の可能性が向上する一方で、システムは複雑化し運用管理負荷が年々高まっている。ではこう した中で、"経営に寄与するIT"を実現するためには、具体的にどうすれば良いのだろうか?
仮想化、クラウド時代のシステム構築・運用の最適解をITR シニア・アナリスト 金谷敏尊氏と、日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 企画本部 担当本部長 島田朗伸氏 の対談から探る。

日本企業に適した仮想環境を実現する垂直統合型製品の選択基準とは(選択のポイント編)

企業システムにおける仮想化技術の普及に伴い、垂直統合型製品への注目が高まっている。仮想化によって複雑化するシステム構築と運用管理の負担を軽減することが最大の目的だ。しかしその効果を十二分に引き出すには、明確な方針に基づいてプラットフォームを選択する必要がある。ここでは日本企業が特に意識すべき選択基準を指摘したい。

(*)『日経コンピュータ』2012年12月6日号に掲載

日本企業に適した仮想環境を実現する垂直統合型製品の選択基準とは(回答編)

企業システムにおける仮想化技術の普及に伴い、垂直統合型製品への注目が高まっている。仮想化によって複雑化するシステム構築と運用管理の負担を軽減することが最大の目的だ。しかしその効果を十二分に引き出すには、明確な方針に基づいてプラットフォームを選択する必要がある。ここでは日本企業が特に意識すべき選択基準を指摘したい。

(*)『日経コンピュータ』2012年12月6日号に掲載