ページの本文へ

Hitachi

統合プラットフォーム

IoTの普及で絶え間なく増え続けるデータ。急速に進歩するAIの技術。膨大なデータのすばやい利活用は、企業が競争力を高めるための必須条件と言えます。そして今や、データセンターへのフラッシュストレージ導入が当たり前の時代になろうとしています。
Hitachi Virtual Storage Platformミッドレンジファミリー*1は、フラッシュに最適化したアーキテクチャで、高いパフォーマンスと柔軟性をさらに進化させた次世代高速クラウド基盤。
日立が長年磨き上げてきた高度な仮想化技術と信頼性でお客さまの事業継続性を支え、これまで煩雑だったデータセンター運用をシンプルかつ効率的なものへと革新します。
実績ある日立の新たなストレージが、時代を勝ち抜くお客さまの力になります。

*1
Hitachi Virtual Storage Platform F350, F370, F700, F900とHitachi Virtual Storage Platform G130, G150, G350, G370, G700, G900の総称です。

効率のよいデータ管理

データをアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置

Hitachi Dynamic Tiering Software*2 により、データのアクセス頻度をモニタリングし、ストレージプールを構成するストレージ階層間で、それらのデータを自動的に再配置(最短30分周期)。アクセス頻度の高いデータを高速なストレージ階層に配置することで、容量コストを最適化。さらに、リアルタイムにアクセス頻度をモニタリングする機能 active flash*3 により、アクセスが集中するデータを即座にフラッシュデバイス(HAFやSSD)に再配置することで、急激な負荷変動にも高速に追従できます。これにより、複雑なストレージ階層の設計を行うことなく、ストレージのコストパフォーマンスを向上させることができます。

データをアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置

HAF:Hitachi Accelerated Flash。日立が独自開発した高性能フラッシュモジュール。

関連特許

関連リンク

優れた事業継続性

Active-Activeなボリュームミラーリング*4

物理ストレージをまたぐActive-Activeなボリュームミラーリング機能global-active device*5 により、データの二重化をサポート。ホストサーバに対して、異なるストレージ筐体の2つのボリュームを、同一のものとして認識させることができます。これにより、片方のボリュームでの障害発生時にも、サービス無停止でのシステム切替えができます。また、ミラーリングされた2つのボリュームに対しては、異なる経路からでも、物理ストレージ間でボリュームを切替えることなく動的にアクセスが可能。離れた拠点間でも、ストレージクラスタ環境を構築できます。

ボリュームの切替えやサーバのフェイルオーバ不要

*4
Hitachi Virtual Storage Platform G130では非サポートです。

関連特許

関連リンク

遠隔拠点間のデータコピーを実現*6

2種類のリモートコピー機能

Hitachi Virtual Storage Platformミッドレンジファミリーは、データセンターの災害対策として、サーバフリー(非経由)でローカルサイトとリモートサイトに設置したシステム間のリモートコピー機能を提供します。サイト間のデータ整合性を最重要とする同期リモートコピー機能と、業務サーバへの影響を極小化した非同期リモートコピー機能を提供しています。

柔軟なコピー運用

広域災害や局所災害に備えるデータセンター構成で、ストレージリソースの使用効率を向上しつつ柔軟なコピー運用が可能です。また、非同期リモートコピーと、同期リモートコピーやglobal storage virtualizationとを組み合わせて3拠点のデータセンター構成を構築することで、事業継続性をより高めることができます*7

安定した非同期リモートコピー*8

非同期リモートコピー機能ではジャーナルを利用し、リモートサイトデータの一貫性保証やトラフィック変動時もより安定したリンクコントロールを実現します。

*6
Hitachi Virtual Storage Platform G130では非サポートです。
*7
Hitachi Virtual Storage Platform F900, G900のみサポート。

SAN : Storage Area Network

関連特許

関連リンク

特許に関する表記は、2018年6月現在のものです。