ページの本文へ

Hitachi

統合プラットフォーム

Hitachi Virtual Storage Platform G1000
VSPミッドレンジファミリー

あらゆるモノがネットワークでつながるIoT(Internet of Things)時代の到来とともに、取り扱うデータの量や種類はますます増加し続けています。今、多くの企業が期待しているのは、ビッグデータの利活用により新しいビジネス価値を創出するイノベーション。
それを可能にする高い効率性、圧倒的なスピード性能、そしてビジネス変化への即応性が、ITプラットフォームに求められています。
そうしたニーズを満たす新たなストレージ。
それが、「Hitachi Virtual Storage Platform G800/G600/G400/G200/G100」(VSPミッドレンジファミリー)*1
仮想化技術「global storage virtualization」とともに柔軟性・信頼性をハイエンドクラスから継承したストレージです。
ここでは、VSPミッドレンジファミリーの特徴を支える特許について紹介します。

*1
2015年4月リリース

ドライブへの自動配置

データをアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置

Hitachi Dynamic Tiering Software*2 により、データのアクセス頻度をモニタリングし、ストレージプールを構成するストレージ階層間で、それらのデータを自動的に再配置(最短30分周期)。アクセス頻度の高いデータを高速なストレージ階層に配置することで、容量コストを最適化。さらに、リアルタイムにアクセス頻度をモニタリングする機能 active flash*3 により、アクセスが集中するデータを即座にフラッシュデバイス(HAFやSSD)に再配置することで、急激な負荷変動にも高速に追従できます。これにより、複雑なストレージ階層の設計を行うことなく、ストレージのコストパフォーマンスを向上させることができます。

関連特許

関連リンク

データをアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置

*4
ニアラインSASドライブ

HAF:Hitachi Accelerated Flash。日立が独自開発した高性能フラッシュモジュール。
SSD:Solid State Drive
SAS:Serial Attached SCSI

データ保護

Active-Activeなボリュームミラーリング

物理ストレージをまたぐActive-Activeなボリュームミラーリング機能*5 により、データの二重化をサポート。ホストサーバに対して、異なるストレージ筐体の2つのボリュームを、同一のものとして認識させることができます。これにより、片方のボリュームでの障害発生時にも、サービス無停止でのシステム切替えができます。また、ミラーリングされた2つのボリュームに対しては、異なる経路からでも、物理ストレージ間でボリュームを切替えることなく動的にアクセスが可能。離れた拠点間でも、ストレージクラスタ環境を構築できます。

関連特許

関連リンク

ボリュームの切替えやサーバのフェイルオーバ不要

仮想化

ストレージデバイスの仮想化機能

他社ストレージ*6 を含む異種ストレージを1つのストレージとして統合する仮想化機能Hitachi Universal Volume Manager *7 を提供。接続された外部ストレージは仮想化され、内蔵ディスクと同様に操作や管理ができます。また、複数の異種ストレージが混在する環境での統一的なデータコピー運用を実現し、既存ストレージ資産を有効活用できます。

*6
事前評価が必要となる場合があります。

関連特許

関連リンク

ボリュームの切替えやサーバのフェイルオーバ不要

特許に関する表記は、2017年5月現在のものです。