本文へジャンプ

統合プラットフォーム

Hitachi

<会期終了>セミナー開催レポート公開のお知らせ

本セミナーは終了しました。
多数のお客さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

当日の様子が分かるセミナーレポートを公開しました。各セッションの講演資料を掲載しています。是非、ご覧ください。

企業のグローバル化、ワークスタイルの多様化、ならびに異業種参入など、企業を取り巻く環境は急速に変化し続けています。 このような環境において、ビジネスの成長を確かなものにしていくためには、データ利活用による今までとは異なるイノベーションが求められています。

このたび開催する「Hitachi Platform Solutions World 2014 〜イノベーションを加速させるITプラットフォームソリューション〜」では、企業競争を勝ち抜き、ビジネスを成長させるための戦略について、お客さまと共に考える場にできればと存じます。
あわせて、お客さまの経営拡大や新規事業創出、業務効率化にお役に立てる「ITプラットフォームソリューション」をご紹介します。

【基調講演】
オープン&クローズ戦略 日本企業のさらなる成長のための条件


グローバル市場の競争にさらされ厳しい時代をくぐり抜けてきた日本企業が、ようやく復活の兆しを見せ始めています。この兆しを確固たるものにして、さらなる持続的な成長を築いていくためには、あらたな戦略が必要となります。

日本企業再成長のために、自社のコア領域を守りつつオープン化を設定し、グローバル市場でのエコシステムを形成する考え方である「オープン&クローズ戦略」について解説します。

東京大学 政策ビジョン研究センター
シニア・リサーチャー 小川 紘一 氏

【主催者講演】
ビジネスイノベーションをリードするITプラットフォームソリューション

急速に変化し続ける環境において、ビジネスの成長を確かなものにするためにITが果たす役割とは何か?
Hitachi Data Systems Corporationと日立のITプラットフォームビジネスの責任者が、ITプラットフォームソリューションで実現するイノベーションを国内外の事例を交えてご紹介します。

Hitachi Data Systems Corporation
Global Strategy and Planning
Vice President & Chief Engineer Michael Hay

株式会社 日立製作所 ITプラットフォーム事業本部
事業統括本部 事業主管 中野 俊夫

【特別企画・パネルディスカッション】
顧客満足を目指すデータ戦略、今後の方向性

顧客ニーズの多様化や業際の崩壊、ネット販売の伸張などで、市場は複雑化し競争は激化の一途です。 こうした変化をいち早く捉え、素早く柔軟に対応してくためには、データを戦略的に活用するためにITの活用が必要不可欠です。

本セッションでは、ビッグデータの利活用を進めている小売業の責任者に登壇いただき、顧客満足を目指すデータ戦略の次の一手をお聞きします。

[パネリスト]
ユニー株式会社 執行役員 IT物流本部 本部長 角田 吉隆 氏

株式会社フジ 情報システム部 部長 稲田 英樹 氏

[モデレータ]
株式会社 日経BP 日経ビッグデータ 副編集長 市嶋 洋平 氏

【対談】新たな企業価値を提供するための働き方
〜ITを利用して「傍」を「楽」にする活動を探る〜

企業が新たな価値を生み出していくのは人の力であり、実現に向けた強い意志や行動力が不可欠となります。
柔軟な働き方を実現する「タイム&ロケーションフリーワーク」や社内外の人とつながって同じ志を高めていくコミュニティとしての「ソーシャルメディア」活用は、企業を活力ある組織体へ変革させるための有効な手段であると考えられています。

社会や市場のムーブメントと働き方の関係はどうあるべきか、ITビジネスアナリスト大元 隆志 氏と日立製作所クライアント統合ソリューションビジネス開発ラボ室長 板橋正文の対談にて新たな未来をお伝えします。

ITビジネスアナリスト 大元 隆志 氏

株式会社 日立製作所 クライアント統合ソリューション ビジネス開発ラボ
室長 板橋 正文

開催概要

日時 2014年7月29日(火) 12:00-18:00(12:00受付開始)
会場 ロイヤルパークホテル(東京・水天宮)

対象 情報システムの企画・導入・検討に関わる方、経営企画の方
参加費 無料(事前登録制)
主催 株式会社 日立製作所
協賛 日立ITユーザ会

お申し込みはこちらから

デモンストレーション展示

各セッションでご紹介したソリューションや製品および、パートナー企業さまとの連携ソリューションのデモンストレーション展示をご覧いただけます。

デモンストレーション展示のご案内はこちらから

メディア協賛(50音順)