ページの本文へ

Hitachi

統合プラットフォーム

仮想マシンの性能低下の要因をすぐに知りたい

〜Hitachi Storage Management Pack for VMware vRealize™ Operations™〜

Hitachi Storage Management Pack for VMware vRealize Operationsとは

Hitachi Storage Management Pack for VMware vRealize Operationsは、VMware社が提供するVMware vRealize Operations環境で仮想マシンに関連する日立ストレージの構成/性能情報を監視・分析するためのソフトウェアです。次のような課題を解決します。

課題 - 特定の仮想マシンに対応する日立ストレージの性能情報を調べるのに手間が掛かり、性能低下の原因を特定するのに時間が掛かる。

どのボリュームが性能低下しているのかわからない

仮想マシンの性能が低下したり障害が発生したりしたとき、ストレージ上での異常を確認するには、アプリケーション管理者が状況を説明してプラットフォーム管理者に調査を依頼する、といった連携が必要になります。そのため、性能低下や障害原因を特定するのに時間が掛かり、問題解決への対応が遅れてしまいます。

解決! - Hitachi Storage Management Pack for VMware vRealize Operationsなら、仮想マシンとストレージの関連を表示。ストレージ上の性能低下の原因をすぐに特定できます。

ボトルネックのボリュームがわかる

Hitachi Storage Management Pack for VMware vRealize Operationsを使うと、仮想マシンとストレージの性能情報、リソース使用容量などを関連付けて管理できます。このため、アプリケーション管理者だけで、仮想マシンの性能に影響している日立ストレージをすぐに特定できます。管理者の負担を抑えながら性能低下の原因を特定できます。

Hitachi Storage Management Pack for VMware vRealize Operations導入による利点

機能 本製品導入前 本製品導入後
性能情報収集・表示
  • ストレージの性能情報の確認は ストレージ管理ソフトウェアの管理コンソールを開く必要有り
  • 仮想マシンの性能のみ監視・分析が可能
  • 仮想マシンとストレージ情報を参照し、管理者が手動でそれぞれの性能情報を関連付けする必要がある
  • VMware vRealize Operationsのコンソール上で日立ストレージの性能情報を確認可能
  • VMware vRealize Operations環境下で日立ストレージの性能監視・分析が可能
  • 仮想マシンと日立ストレージの性能情報を関連付けできるため、性能低下の原因を早期に特定できる
構成情報収集・表示
  • ストレージの構成情報の確認は、ストレージ管理ソフトウェアの管理コンソールを開く必要有り
  • VMware vRealize Operationsのコンソール上で日立ストレージの構成情報を確認可能
  • 日立ストレージのキャパシティ監視を可能にし、異常の予防検知を容易にする
アラート情報収集・表示
  • ストレージのアラート情報を見るには、ストレージ管理ソフトウェアの管理コンソールを開く必要有り
  • 仮想マシンの性能の推移とストレージの過去のイベントとの関連性がわかりにくい
  • VMware vRealize Operationsのコンソール上で性能低下の推移と日立ストレージのアラート情報が確認可能なため、過去に遡って原因となる装置イベントの特定が可能

前提製品

前提製品として次のものが必要になります。

  • 日立ストレージ装置
  • Hitachi Device Manager (HDvM)
  • Hitachi Tuning Manager (HTnM)
  • VMware vSphere® ESXi™、VMware vCenter Server™、VMware vRealize Operations Manager(Advanced以降のエディション)

前提製品のサポート範囲の詳細は、下記の「サポートマトリックス」を参照してください。

ご利用の際の留意事項

◆エディションに関して

本製品を適用するには、ご使用のVMware vRealize OperationsのエディションがAdvanced/Enterpriseである必要があります。VMware vRealize OperationsのエディションがFoundation/Standardの場合には、本製品を適用できませんのでご注意ください。

サポートマトリックス

本製品を使用してシステム構築を行う際の、製品バージョン毎のサポート範囲を記載しています。

ユーザーズガイド

本製品が提供する機能、システムの前提環境、環境構築の手順、トラブルシューティングについて記載しています。