ページの本文へ

Hitachi

統合プラットフォーム

Hitachi Block Storage Driver for OpenStackとは

Hitachi Block Storage Driver for OpenStackは、OpenStack環境で日立ストレージの操作(LU作成/削除、LUコピー、ホストグループへのマッピングなど)を実行するドライバです。日立ストレージの高性能・高信頼な機能を利用し、I/O高速化やコスト削減を実現します。
Hitachi Block Storage Driver for OpenStackを使うと、次のような課題を解決できます。

課題1 - すばやく仮想サーバを追加したいのだが、割り当てに時間が掛かってしまう。

サーバに予想を上回るアクセスが発生した場合、急いで仮想サーバを追加する必要があります。しかし、データのコピー・設定、起動ディスク(OSが導入済みですぐに利用可能なディスク)の作成などで時間が掛かってしまいます。このため、負荷に耐え切れずシステムがダウンしてしまうことがあります。

解決! - Hitachi Block Storage Driver for OpenStackなら、日立ストレージの高性能・高信頼な機能を利用し短時間でシステムを拡張できます。

Hitachi Block Storage Driver for OpenStackを使うと、日立ストレージのスナップショット機能を利用して、ごく短時間で起動ディスクを用意できます。このため、すばやくシステム拡張に対応できます。

課題2 - 定期的にバックアップをしたいが業務に影響が出てしまう

バックアップを取得する場合、サーバへの負荷およびデータの整合性を考慮し、やむなく一時的に業務をとめて実施することがあります。バックアップには時間が掛かるため、業務に影響を与えてしまいます。

解決! - Hitachi Block Storage Driver for OpenStackなら、日立ストレージの機能を利用して業務への影響を最小限に抑えてバックアップを取得できます。

Hitachi Block Storage Driver for OpenStackを使うと、日立ストレージのスナップショット機能を利用して、日次バックアップデータを即座に作成できます。その後、必要に応じて日次バックアープデータから外部ストレージに保存できます。このため、業務への影響を最小限に抑えてバックアップを取得できます。

Hitachi Block Storage Driver for OpenStack導入による利点

機能 本製品導入前 本製品導入後
ボリューム操作機能 ストレージ管理ソフトウェアを利用して管理者が以下の操作などを手動で実施する
  • LUの作成、削除
  • ある時点のLU内データを、ストレージのスナップショット機能などを利用して別LUに保存。また保存したLUからデータの復元
  • LUを特定サーバに接続、解除
OpenStackの操作画面から、左記の操作などをエンドユーザ操作可能になる。

前提製品

前提製品として次のものが必要になります。

  • 日立ストレージ装置
  • RAID Manager
    ※Hitachi Virtual Storage Platform(VSP) G1000, VSP G100, G200, G400, G600, G800, VSP, Hitachi Unifide Storage(HUS VM)の場合
  • Hitachi Storage Navigator Modular 2 (for CLI)
    ※HUS100シリーズの場合
  • Red Hat OpenStack Platform
  • SUSE OpenStack Cloud

前提製品のサポート範囲の詳細は、下記の「サポートマトリックス」を参照してください。

サポートマトリックス

本製品を使用してシステム構築を行う際の、製品バージョン毎のサポート範囲を記載しています。

ユーザーズガイド

本製品が提供する機能、システムの前提環境、環境構築の手順、トラブルシューティングについて記載しています。