ページの本文へ

Hitachi

統合プラットフォーム

小さく早く始めて、楽に拡張、確実な移行を実現する日立の統合プラットフォーム

Hitachi Unified Compute Platform(UCP:ユー・シー・ピー)とは
事業拡大や新事業の早期立ち上げ、さらなる事業・経営サイクル加速のために、事業を支えるITシステムには、俊敏な対応、システム管理者負担の軽減、などのニーズが高まっています。

日立の「Hitachi Unified Compute Platform」は、「スモール&クイックスタート」が可能な統合プラットフォーム。事前に設計・設定・検証された小規模から大規模までの事前構築済みモデルとホワイトペーパーを用意。事前構築済みモデルはお客さまの利用状況に応じてかんたんにスケールアップが可能。システムライフサイクル全体に渡っての安定稼動を実現。「かんたん」「あんしん」「スピーディー」でお客さまのスピード経営、ROI向上に貢献します。

事前構築済みモデル

Hitachi Unified Compute Platform筐体

中小規模向けサーバ仮想化システム

デスクトップ仮想化システム

ビッグデータのリアルタイム活用を実現する統合プラットフォーム

ホワイトペーパー

各種サーバソフトウェアに応じたシステムを構築するためのベストプラクティスを解説しています。本ドキュメントに記載されている構成の組み合わせは、性能も含めて検証済みです。

●Microsoft

●VMware

●Oracle

新着情報

2016年11月22日
2016年9月21日

日立ITプラットフォーム
の特許

フラッシュストレージ分野における日立の特許取得件数は、2006年から10年間累計No.1です。

ストレージやサーバを100%使いこなすためのプラグイン

IT Platform Plugin Information

  • 日立ITプラットフォーム製品のシステム管理支援プラグインをぜひご活用ください!
  • サーバ仮想化ソフトウェア環境にて運用・管理を支援するソフトウェアを紹介します。

日立のプラットフォームソリューション紹介映像

日立サーバ&ソリューション

日立ストレージソリューション

日立ミドルウェア&プラットフォームソフトウェア

ブランドキャンペーンサイトへ(新規ウィンドウを表示)