ページの本文へ

Hitachi

トレーサビリティ・RFIDソリューション

コンセプト

現場の見える化がビジネスを変えていく。

近年、食品の安全の問題、リサイクル法の成立、薬事法の改正など、より安全な生活や、環境に優しい社会が 志向されています。また、企業間競争が激化するなか、企業内業務の効率化はもとより、企業や業種の壁を越えた トータルサプライチェーンの改革・革新が求められています。 これらのニーズに応え、企業経営・社会・暮らしの 3つの面からビジネスを支えるのが、「日立のトレーサビリティ」。
個々の商品にIDを付与して、「いつ」「どこで」生産され、「どのような」経路で流通してきたかを「いつでも」把握し、 「いま」どこにあるのか、次は「どこ」へ行くのかを捉える仕組みです。 トレーサビリティ・RFID ソリューションとは、RFID(ICタグ)を活用したトレーサビリティ システムを核としたトータル ビジネスソリューションのこと。

日立の「トレーサビリティ・RFID ソリューション」がめざしているのは、お客さまの業務の効率向上と その先のプロセス全体の変革です。 製品や部品のIDにRFID(ICタグ)を活用することで、棚卸しや検品といった現場業務のスピードアップや、現場の状況を 的確に把握することができます。これにより、これまで気がつかなかったムダやムラを見つけだし、業務プロセスの 見直しやミスの低減、作業品質の向上につなげます。

生産や在庫管理などを企業内にとどまらずサプライチェーン全体に拡大し、企業や業種などの壁を越えて、 あらゆる商品の原材料情報から製造・加工、流通、販売、そして廃棄に至るまでの工程を履歴管理等で追跡照会 可能とします。さらに、そうして蓄積した追跡情報を有効活用することで、経営効率を向上させます。

また導入にあたっては、独自の技術力やサービス力を駆使して、コンサルテーションから構築運用までお客さまに最適なトータルソリューションを提供。
日立はトレーサビリティ・RFID ソリューションで、お客さまの発展とよりよい社会にむけて貢献します。

トレーサビリティ×RFIDで、過去・現在・未来を見通すサプライチェーンマネジメントを。

食品の安心・安全をはじめ、製品の安全性や品質管理への関心の広がりにともない、生産、製造から廃棄までの 流通履歴を追跡するトレーサビリティの社会的ニーズが高まっています。 日立はRFID(ICタグ)を活用してトレース情報を収集・蓄積し、各業務アプリケーションに適用します。
各業務においては「いつ・どこで・誰が・何を・どうした」という4W1H*のトレース情報を収集し、 トレースバック/トレースフォワードを行う際に、さまざまな組み合わせで検索・抽出できます。 情報開示や品質に対する以上のチェックはもとより、検品・棚卸しなどの現場の業務効率の向上による業務改革、 適性在庫化、リードタイム短縮などのサプライチェーン全体の最適化を支援します。

*
4W1H:when where who what how

図:サプライチェーンマネジメント
画像を拡大する(新規ウインドウを表示)