ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

日立ディスクアレイサブシステムを用いた各種実験・検証結果などの情報です。

  • * 本記事は、掲載時点の情報です。製品名称等、現時点の情報と異なる場合があります。

Hitachi Dynamic Tieringベストプラクティス

Hitachi Unified Storage100シリーズとMicrosoft SQL Server2012環境におけるHitachi Dynamic Tiering運用のベストプラクティスガイド

データセンターの管理者は、システムの性能要件を満たすようにストレージを提供するという課題に直面します。性能要件に満たない場合はワークロードの再分配が必要となりますが、実現するためには、ワークロードの分析を行い、分析結果に合わせて環境の設計や構築などの複雑な工程を行う必要があります。
Hitachi Unified Storage100シリーズのHitachi Dynamic Tiering(以下 HDT)は、データのアクセス頻度に応じて自動的にドライブを使い分ける運用が可能になり、ディスクI/Oに対する性能向上や、コスト削減、管理の軽減をはかることができます。

本ドキュメントでは、SQL Server2012から高負荷なディスクI/Oが発生している環境への性能改善検証について説明します。検証では、性能要件が変動する場合に、HDTによってページが最適な階層に移動することが、性能向上およびコスト削減効果につながることを示しています。

Oracle Database 11g ベストプラクティス

Hitachi Virtual File PlatformにおけるOracle Direct NFSを使用したOracle Database構築ガイド(rev.01-00)

Windows Server 2008R2のシステムを対象に、Oracle Database 11gRelease2のOracle Direct NFSを構築し、日立ファイルストレージ Virtual File Platformとの接続検証をOracle GRID Centerで実施しました。本検証に基づいたシステム構成の概要、構築方法および構築時の考慮点について説明しています。(2011年12月)

Hitachi Virtual Storage Platform Oracle Database 11g Release 2 Automatic Storage Management環境におけるバックアップ運用のベストプラクティスガイド(rev.01-00)

Oracle Recovery ManagerとShadowImage機能を連携させたホットバックアップシステムについて、実機検証に基づいた構築と運用におけるベストプラクティスを提供します。また、本ベストプラクティスにおいては、日立ディスクアレイのHitachi Dynamic Provisioningを適用しています。(2014年9月)

Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズOracle Database 11g Release 2 Automatic Storage Management環境におけるバックアップ運用のベストプラクティスガイド(rev.02-00)

Oracle Database 11g Release 2 Automatic Storage Management環境におけるOracle Recovery ManagerとShadowImage in-system replication機能を連携させたホットバックアップシステムについて、実機検証に基づいた構築と運用におけるベストプラクティスを提供します。また、本ベストプラクティスにおいては、日立ディスクアレイのHitachi DYnamic Prpvisioningを適用しています。(2014年9月)

VMwareベストプラクティス

シマンテック社ApplicationHAと日立ストレージのレプリケーション機能を使用したVMware vCenter Site Recovery Manager環境におけるアプリケーション高可用性ソリューションベストプラクティス

株式会社シマンテックと日立製作所は、ヴィエムウェア株式会社のサーバ仮想化ソフトウェア「VMWare vSphere5.0™」によるサーバ仮想化環境下で、シマンテック社のアプリケーションの高可用性(HA)を提供するソフトウェア「Symantec™ ApplicationHA」と日立ストレージを組み合わせることにより実現したディザスタリカバリシステムにおけるアプリケーション高可用性ソリューションについて両者で共同検証を実証しました。
本ホワイトペーパーでは、VMware vCenter Site Recovery Managerを使用したディザスタリカバリシステムにおけるアプリケーション高可用性ソリューション ベストプラクティスを示します。(2012年7月)

Hyper-Vベストプラクティス

Hyper-V 2.0環境におけるSymantec NetBackup 7とHitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズのレプリケーション機能を連携させたホストレベルVSSオンラインバックアップ

Windows2008 R2/Hyper-V 2.0環境において、Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズのShadowImageまたはCopy-on-write SnapShot機能とSymantec NetBackup 7を連携させることで、仮想マシンの無停止かつサーバ負荷の最小化を実現するバックアップ方式を紹介するベストプラクティスです。(2011年9月)

Hitachi Dynamic Provisioningソフトウェアベストプラクティス ガイド(Microsoft)

Microsoft® Windowsオペレーティングシステム上で、Hitachi Dynamic ProvisioningソフトウェアをMicrosoft SQL Server 2005、Microsoft Exchange 2003、およびMicrosoft Exchange 2007と共に使用するためのガイドライン(2009年11月)

「日立プラットフォームと「Oracle Database 11g」で実現するBCMベストプラクティス」

ストレージのボリューム容量の仮想化を実現するHitachi Dynamic Provisioning(HDP)とOracle Automatic Storage Management(ASM)連携による最適なストレージ管理手法(2008年3月)

日立ディスクアレイサブシステムが提供するボリューム容量の仮想化を実現するHDPと「Oracle Database 10g」から提供されているストレージ管理機能であるASMを組み合わせることで、オンライン中のディスク増設にともなうシステム停止が不要、初期導入コストの削減および容量設計の負荷の削減、容量管理の負荷の削減、性能設計の負荷の削減というメリットが得られることを実証しました。

“日立ディスクアレイHitachi Universal Storage Platform VのHitachi Dynamic Provisioning機能とOracle Automatic Storage Management連携時のベストプラクティス・ホワイトペーパー”

“Best Practices for Oracle Automatic Storage Management (ASM) on Hitachi Dynamic Provisioning(HDP)”

日立プラットフォームと「Oracle Database 11g」の主要な新機能である「Oracle Active Data Guard」 による効率的な災害対策システムの構築と運用管理手法(2008年3月)

顧客の利用環境を想定した大規模なトランザクション負荷環境において「Oracle Active Data Guard」によるスタンバイサイトの参照業務での利用、および障害ケースを想定した挙動の検証を行い、スタンバイサイトのリソース活用の有効性、スタンバイ活用下での障害時フェイルオーバー時間の短縮とトランザクション業務の継続性を確認することができました。

“日立とOracleが実現するBCMプラットフォームソリューション&Oracle Active Data Guard検証報告”

“Hitachi-Oracle's BCM Platform Solution Verification Report on Oracle Active Data Guard”

“Oracle Data Guard 11gフィジカル・スタンバイ設定ガイド”

IDC WHITE PAPER/CUSTOMER SPOTLIGHT

IDC USA/IDC JapanのストレージアナリストによるWHITE PAPER/導入事例紹介レポート(日本語)です。

IDC WHITE PAPER/CUSTOMER SPOTLIGHT
タイトル 掲載月(掲載期間)
-
-