本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

Windowsユーザ向け情報「RAID ManagerをWindows Server 2003でご使用の方へのお願い」
<2009年5月>

RAID ManagerをWindows Server 2003でご使用時の注意事項

1. 現象

Windows Server 2003 Itaniumベース/x64ベース バージョンでRAID Managerを使用時に下記の現象が発生する場合があります。

  • RAID Managerの構成確認コマンドである"inqraid $Vol"または"inqraid $Phy"で接続されている全てのディスクデバイスが表示されない。
  • RAID Managerのマウントコマンドである"-x mount X: \Vol"が「Volume{GUID}が見つからない」旨のエラーで異常終了する。

対象となる日立ディスクアレイサブシステム

  • Hitachi Universal Storage Platform V、Hitachi Universal Storage Platform VM、H24000/H20000
  • Hitachi Universal Storage Platform、Hitachi Network Storage Controller、H12000/H10000
  • SANRISE9900Vシリーズ、H1024/H128
  • SANRISE2000シリーズ、H512/H48
  • Hitachi Adaptable Modular Storage 2000
  • Hitachi Adaptable Modular Storage、Hitachi Workgroup Modular Storage
  • SANRISE9500Vシリーズ
  • SANRISE1000シリーズ

2. 対策方法

下記に記載されているHotFixまたはService Pack 2が適用されているか確認ください。適用されていない場合は適用ください。

検索フォーム