ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

基本機能:仮想化

ディスクアレイシステムでできること

【ボリューム容量の仮想化】(シンプロビジョニング)により、ストレージ容量を節約

 年々増大するストレージ容量は頭の痛い問題です。しかしストレージの導入時初期には未使用部分が多くボリューム容量を仮想化して物理容量と切り離せば未使用部分を最小化できます。またこの機能は物理的なハード構成を仮想化で隠蔽できるので、複雑な実装設計が不要となり、俊敏な立ち上げが可能になります。

ポイント
  • ストレージの利用効率を向上でき、ストレージ投資の最適化を図れます。
  • 仮想ボリュームを俊敏に割り当てられるので、仮想サーバ環境に最適です。
  • サーバからの書き込みデータは複数ボリュームに分散配置されるため、性能設計や性能チュ−ニングといったストレージ性能設計の負担を大幅に軽減できます。

ボリューム容量の仮想化(シンプロビジョニング)により容量を節約

もっと詳しく

【ストレージ階層の仮想化】により、データを最適な階層に自動配置してパフォーマンスを向上

 超高速なフラッシュドライブや中速、大容量低ビットコストのSATAディスクなど多彩なディスクドライブの出現により、さまざまなストレージ階層へのデータの配置設計は難しさを増して来ました。ストレージ階層の仮想化機能は多様化したストレージ階層間で最適な位置にデータを自動的に割り当て、この問題を解決します。

ポイント
  • アクセス頻度の高いデータはより高速なストレージ階層に集まり、アクセス頻度の低いデータは低ビットコストのストレージ階層に自動的に格納されます。
  • ストレージ性能設計の負担を大幅に軽減しつつ、ストレージのコストパフォーマンスを向上することができます。

ストレージ階層の仮想化:データを最適な階層に自動配置

もっと詳しく

【ストレージデバイスの仮想化】により、ストレージ群を統合し、TCOを削減

 データの増加につれ「満杯」になったストレージ群が無秩序に乱立し、孤立化する風景が見られるようになりました。導入時期が異なれば同じ機種やメーカのものが使えずスケールアウトも困難。ストレージデバイスの仮想化ではこれらストレージ群を仮想化し、「単一のストレージ」にすることで統合管理とTCO削減を実現します。

ポイント
  • 機種ごとに異なる操作環境を統一することで、TCOの削減ができます。
  • 配下の外部ストレージに、低コストミッドレンジ製品や、古くなったディスクアレイ製品などを接続することで、ストレージ資産の有効活用、固定資産延命化ができます。

ストレージデバイスの仮想化:ストレージ群を統合し「単一のストレージ」化

もっと詳しく

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム