ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

接続の方法

サーバとの接続には、主にSANとNASがあります。

SAN:サーバ・ストレージ間を専用のファイバチャネルで接続(FC-SAN)

SANはStorage Area Networkの略。ブロックストレージ専用の高速ネットワークです。

SANの形態

特長

  • ファイバチャネル(FC)とストレージと複数サーバを接続
  • ブロックベースによるデータ転送

メリット

既存ネットワークの帯域に負荷を掛けず高速データ転送(4Gbps、8Gbps)が可能

用途例

高性能・高信頼の要求されるデータベースや基幹業務向け

NAS:ネットワークに直接ストレージを接続・データ共有

NASはNetwork Attached Storageの略。ストレージはファイルストレージで、イーサネットに接続されます。

NASの形態

特長

  • 既存のイーサネット環境を利用可能
  • ファイルベースによるデータアクセス

メリット

  • イーサネット環境を使用するためSANと比べてコストが低い
  • 異機種サーバ間でのファイル共有が可能

用途例

ファイルサーバ共有

ブロックストレージとファイルストレージの違い

ブロックストレージ

ブロックストレージでは、データエリアがブロックで分割されてアドレス付けされ、ブロック単位でアクセスされます。

  • SANはブロックストレージです。

ブロックストレージ

ファイルストレージ

一方、ファイルストレージでは、データがディレクトリとファイル名で指定されてアクセスされます。

  • NASはファイルストレージです。

ファイルストレージ