ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

クラウドへの入り口 「Cloud on-Ramp」

グローバルな分散ITが求められる時代。拠点や部門ごとに分散したストレージは、非構造化データなどの増大とともにバックアップや容量監視など、拠点での負担を増大させています。日立のVirtual File PlatformはWANを通して拠点のデータをデータセンタに自動的に集約するという画期的な方法でこの問題への解決をご提案します。

クラウドバックアップ入門

クラウドバックアップ入門

Cloud on-Rampの特長を分かりやすく解説。

事例:株式会社 日立システムズ

Cloud on-Rampをサービス化したSMB向け「クラウドバックアップサービス」

日立の仮想ファイルプラットフォームと大容量ファイルストレージを適用したコンテンツデータのクラウドへのバックアップソリューションCloud on-Rampをサービス化した「クラウドバックアップサービス」を開発。バックアップ運用の負荷軽減とBCP対策を両立したサービスを、SMBのお客さま向けとパートナーとの協業ビジネスの両面から展開しています。

事例:日本システムウェア株式会社

「Cloud on-Ramp」を活用したクラウドストレージサービス

「Cloud on-Ramp」を活用したクラウドストレージサービス

使いたいときに使いたい分だけ利用できるクラウドストレージサービス。ユーザー企業にとっては、初期投資を抑えられるだけでなく、ストレージの運用管理からも解放されるというメリットがある。日本システムウエアの「irukabox(イルカボックス)」も、そうしたクラウドストレージサービスとして提供されている。

同サービスでは1Gバイトの料金が月額45円という低価格を実現。それを支えているのが、日立の「Cloud on-Ramp」(クラウドへの入り口)を始めとするストレージサービスである。

ファイルストレージ導入時の検討ポイント

ファイルストレージ導入時の検討ポイント

社内データ量増加で管理が大変…
そんなときはNASで解決!

ナス仙人が解説します!

資料

ホワイトペーパー

Edge-Coreストレージが分散ITシステムの非構造化データの問題を解決する

Edge-Coreストレージが分散ITシステムの非構造化
データの問題を解決する

今日の危急のITの課題は急激な非構造化コンテンツの増加とそれに対するコスト節減、ITにおける複雑化とリスクへの対応である。その中でも特に難解なのは分散されたIT環境にちりばめられたコンテンツの適切な管理である。.....

ビデオ紹介

クラウドストレージ成功の鍵(HDS)

ESG(Enterprise Storage Group)のシニアアナリストによる標記の議論

仮想化ファイルプラットフォーム

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム