ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

近年非構造化データが増加の一途をたどっている。従来のオフィスのメール・文書のみならず、POSデータや各種ログなど、かつてない大量のデータが分析され、新たなビジネスチャンスを生み出している。一方データ増大の弊害であるファイルサーバのアイランド化、サイロ化の解決の鍵は、ストレージの仮想化/自動化/階層化を進化させたコンテンツクラウドにあると考える。

大量に蓄積されたコンテンツデータが“知”のバリューチェーンを生み出す

大量に蓄積されたコンテンツデータが“知”のバリューチェーンを生み出す

企業内のデータは爆発的に増加しており、その大半を占めているのがメールやデジタル画像といったコンテンツデータである。コンテンツデータは、ストレージ容量をどんどん消費するとともに、システムの複雑化や運用管理の煩雑化を招く。もちろん、そうした問題を解決することも必要だが、より重要なのは、蓄積したコンテンツデータを十分に活用しきれていないという現状を改善し、そこから新たな価値を引き出す仕組みを作ることだ。そのためには企業の拠点や部門など各所に蓄積されているコンテンツデータを集約し、シームレスな活用を促すことが必要だ。 小山健治氏が解説する。

非構造化データの集約と活用を推進する日立の「コンテンツクラウド」戦略

非構造化データの集約と活用を推進する日立の「コンテンツクラウド」戦略

急増するコンテンツデータをいかに運用していくか――この問いに対する最適解を得られるかどうかは、企業の競争力を左右する大問題だと言っても過言ではない。膨大なコンテンツデータの中には新たな価値の創出につながる“知識”が潜んでおり、効率的な運用なしにそれを見つけ出すことはできないからだ。そうしたコンテンツデータ運用を実現する基盤として日立が提唱するのが「コンテンツクラウド」である。

「Hitachi Virtual File Platform」における機能強化のポイント

「Hitachi Virtual File Platform」における機能強化のポイント

データの“サイロ”化を解消するために、拠点や部門などのネットワークのエッジ(端)でコンテンツクラウドに自動的にデータを集約していくCloud on-Ramp(クラウドへの入り口)。この役割を担うのが、「Hitachi Virtual File Platform」(以下、VFP)である。今回、VFPのNAS(Network Attached Storage)機能が強化されるとともに、VFPを活用した新たなクラウドサービスが発表された。新機能としては、既存NAS/ファイルサーバからVFPへのスムーズなリプレースをサポートするオンラインデータ移行機能「Universal File Manager for NAS」などが提供され、より容易な導入および運用が可能となった。また、日立のデータセンターからストレージ容量を貸し出すクラウドサービスによって、ユーザーがより容易にクラウドを導入することが可能になった。

ビデオ紹介

ビデオ紹介

Hitachi Virtual Storage Platform と Hitachi Content Platformのデモ紹介ビデオです。

資料

日立評論

日立評論

コンテンツクラウドを実現する 仮想ファイルプラットフォーム
− Hitachi Virtual File Platform −

映像やメールなど非構造化データを中心としたコンテンツデータの伸びが著しい。非構造化データはファイル形式で格納され、これまでファイルデータの増大に対してはNASの導入で対応することが一般的であったが、近年のデータの伸びに伴って、管理の煩雑さが課題となってきている。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

Edge-Coreストレージが分散ITシステムの非構造化
データの問題を解決する

今日の危急のITの課題は急激な非構造化コンテンツの増加とそれに対するコスト節減、ITにおける複雑化とリスクへの対応である。その中でも特に難解なのは分散されたIT環境にちりばめられたコンテンツの適切な管理である。.....

ファイルストレージ導入時の検討ポイント

ファイルストレージ導入時の検討ポイント

社内データ量増加で管理が大変…
そんなときはNASで解決!

ナス仙人が解説します!

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム