本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

無停止データ移行ソリューション

グローバルビジネスの進展とミッションクリティカル業務の恒常化によって、企業システムは一時でもサービスを止められない時代となっています。しかし、数年毎に発生するストレージシステムの更改時には膨大なデータ資産を新システムに移行させるため、業務サービスを停止しなければならない課題がありました。日立は従来からの「ストレージデバイス仮想化機能」と「Hitachi Virtual Storage Platform」で新規開発された「仮想ID引継ぎ機能」、HDLM、VolumeMigration機能を組み合わせたソリューションによりこの課題を解決しました。

新機能概要デバイスID引継ぎ機能(仮称)

異種プラットフォーム間データコピー

メインフレーム−オープンシステム間、オープンシステム−オープンシステム間でのデータ移動で、データ交換が必要になることがあります。この場合異種プラットフォーム間データコピー機能(Cross-OS File Exchange)を使用すると、LANを経由せずに高速にデータ形式変換ができます。
本機能は、オープンシステム上で稼働するプログラム「ファイルアクセスライブラリ(FAL)、ファイル変換ユ−ティリティ機能(FCU)」「中間ファイル」(異なるプラットフォーム間のデータを共有する領域)を使用して、異なるプラットフォーム間でデータを高速に転送することが可能となります。

漢字コード変換
漢字コ−ド変換機能により、各社メインフレ−ム用漢字コ−ドをオ−プン用漢字コ−ドにすばやく変換することが可能です。
HULFT、オラクル連携
すでにHULFTをご使用中の場合、運用方法はそのままで、Cross-OS File Exchangeの高速性を活用することが可能です。さらに、オラクルと連携し、運用性を向上させる「ダイレクトパスロ−ディング」機能もサポートしています。

図:Cross-OS File Exchange

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム