本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

ストレージ統合のメリット

ストレージ統合のメリットには、ストレージ管理の統合による管理工数の削減、ストレージ利用率の向上によるストレージ容量の削減、バックアップの統合化による管理工数の削減などがあり、TCO削減に有効です。
日立ストレージソリューションでは、データマイグレーションの容易化や業務間の性能干渉防止機能など、ストレージ統合を行う上で有効な機能を提供し、管理の容易化を支援します。

ストレージ管理の統合

他社ストレージが混在するヘテロな環境では、操作性が異なるためそれぞれのシステムに対応して管理者を置かなければならず、工数の増大要因になっていました。ストレージの統合を行えば統一した操作環境で管理できるため、このような課題に対処できます。
また、日立の「外部ストレージデバイス仮想化機能」を使うと、コントローラに接続された機種の異なるストレージやマルチベンダーのストレージを仮想化して、「単一のストレージ」として利用することができます。
また、本機能では、低コストのストレージや、古くなったストレージを接続して、価値の低くなった、低アクセス頻度のデータを格納することができるので、コスト削減に貢献します。

図:ストレージ管理の統合

ストレージ利用率の向上

各業務、部門で個々にストレージを管理している場合は、部門間の流用が効かないので効率を上げる上でネックになることがあります。
日立の「ボリューム容量仮想化」機能を使用すると、多数の業務、部門で個々に管理していた容量をストレージプールで一括管理できるようになるため容量の節約ができます。
また、サーバからの書き込みデータは複数ボリュームに分散配置されるため、性能が均一化し改善するため性能設計や性能チュ−ニングを容易にします。
管理者は、トータルの実容量が足りなくなった場合のみ、必要に応じてディスクドライブを追加(外部ストレージでも可)すればよいため、ストレージシステム全体の省電力化にも貢献します。

図:ストレージ利用率の向上

バックアップの統合

ストレージ統合のメリットのなかで、バックアップの統合は特筆すべきものです。
従来型では、それぞれの業務システムの管理者が独自の方法でバックアップシステムを設計し、日々の運用を実施し、さらに問題発生時の対応を行ってきました。
日立ストレージソリューションが提案するストレージ統合システムでは、多数のディスクを一括してバックアップを取ることで、個々のシステムの管理の手間を省き、均質で高品質なバックアップシステムの構築を支援します。

図:バックアップの統合

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム