本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

日立のストレージ信頼性への取り組み

「データ」は、企業の固有財産であり、万一にも損失した場合の影響は測り知れず、またその復旧はきわめて困難です。日立は、メインフレームの時代から、ストレージに求められる最重要課題である信頼性向上に最大限の努力をしてまいりました。
信頼性の確保には、設計、製造、検査、保守の各段階での取り組みが重要になりますが、日立は特に上流工程、設計段階から品質の作りこみを行っていくことが重要と考えます。

高信頼化の技術

日立は高信頼性の技術として、主要コンポーネントの二重化など様々な開発を行い、実装しています。

  1. システム構成要素の二重化、多重化
  2. データ破壊防止、非破壊チェック
  3. 障害の予防

ストレージの高信頼性として、データの冗長化、上位ホストのアクセスパスの多重化等対応しています。

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム