本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

ファイルストレージとクラウド

ファイルやコンテンツといった非構造化データの増大、そして、コンプライアンスのためのデータ保管の長期化などに伴い日々増え続けている企業内データ。その一方、多くの企業で経営課題となっているITコスト削減。

データ増大のたびにストレージを追加せざるを得なかったNASが直面するこのジレンマを、日立は独自発想のコンテンツクラウドによって解消します。
仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」は、大量の非構造化データを集約・一元管理し、データ管理を自動化できるコンテンツクラウドを実現。スモールスタートにも大規模階層構成にも対応する柔軟な拡張性、さらに、運用管理負荷軽減と容量利用効率向上によるTCO削減やROI 向上など、その多彩なアドバンテージで、従来型NASの諸課題を解決に導きます。
仮想ファイルプラットフォームが切り拓くコンテンツクラウドという新たな可能性。従来のNASの制約と限界を超越する、かつてないストレージシステムの誕生です。

コンテンツ・クラウドのイメージ

関連ソリューション・製品

Cloud on-Rampによる拠点・部門データのセンター集約

従来は、分散拠点・部門単位にNASやファイルサーバを保有。部門ごとに容量の監視・増設、データ管理が必要で、拠点数やデータ量の増加に比例して増大する投資・運用管理コストが大きな負担になっていました。
これに対し日立は、各拠点/部門のHitachi Virtual File Platform(Cloud on - Ramp:クラウドへの入り口)から、センターのHitachi Content Platformに自動バックアップ/アーカイブする拠点・部門データの集約を提案します。
これによるメリットは以下です。

  • 各部門のストレージ容量や管理コストを削減します
  • ファイル仮想化機能により、センターにバックアップ/アーカイブされたデータも各部門から透過的にアクセス可能。
    業務サーバやクライアントの設定変更などは必要ありません
  • Hitachi Content Platformは、シングルネームスペースとマルチテナント機能をサポート。全ディスク容量を1つのファイルシステムとして使用し、それを独立した複数のストレージとして分割可能。領域ごとのセキュリティを確保します。
  • Hitachi Content Platformの重複排除機能と圧縮機能により、ディスク容量の利用効率が向上します

Before

拠点・部門データ集約の課題

After

拠点・部門データ集約の効果

関連ソリューション・製品

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム