本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

ファイルストレージとクラウド

ファイルやコンテンツといった非構造化データの増大、そして、コンプライアンスのためのデータ保管の長期化などに伴い日々増え続けている企業内データ。その一方、多くの企業で経営課題となっているITコスト削減。

データ増大のたびにストレージを追加せざるを得なかったNASが直面するこのジレンマを、日立は独自発想のコンテンツクラウドによって解消します。
仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」は、大量の非構造化データを集約・一元管理し、データ管理を自動化できるコンテンツクラウドを実現。スモールスタートにも大規模階層構成にも対応する柔軟な拡張性、さらに、運用管理負荷軽減と容量利用効率向上によるTCO削減やROI 向上など、その多彩なアドバンテージで、従来型NASの諸課題を解決に導きます。
仮想ファイルプラットフォームが切り拓くコンテンツクラウドという新たな可能性。従来のNASの制約と限界を超越する、かつてないストレージシステムの誕生です。

コンテンツ・クラウドのイメージ

開発したのは、ストレージシステムの新たな可能性

コンテンツクラウドを支える最先端テクノロジーと高性能

関連ソリューション・製品

Cloud on-Rampによる拠点・部門データのセンター集約

従来は、分散拠点・部門単位にNASやファイルサーバを保有。部門ごとに容量の監視・増設、データ管理が必要で、拠点数やデータ量の増加に比例して増大する投資・運用管理コストが大きな負担になっていました。
これに対し日立は、各拠点/部門のHitachi Virtual File Platform(Cloud on - Ramp:クラウドへの入り口)から、センターのHitachi Content Platformに自動バックアップ/アーカイブする拠点・部門データの集約を提案します。
これによるメリットは以下です。

  • 各部門のストレージ容量や管理コストを削減します
  • ファイル仮想化機能により、センターにバックアップ/アーカイブされたデータも各部門から透過的にアクセス可能。
    業務サーバやクライアントの設定変更などは必要ありません
  • Hitachi Content Platformは、シングルネームスペースとマルチテナント機能をサポート。全ディスク容量を1つのファイルシステムとして使用し、それを独立した複数のストレージとして分割可能。領域ごとのセキュリティを確保します。
  • Hitachi Content Platformの重複排除機能と圧縮機能により、ディスク容量の利用効率が向上します

Before

拠点・部門データ集約の課題

After

拠点・部門データ集約の効果

関連ソリューション・製品

ファイル仮想化機能「Universal File Manager」

ファイル仮想化機能は、定評あるエンタープライズアレイのボリューム仮想化をファイルに拡張。ポリシーに基づいたファイル仮想化により階層ストレージの運用最適化を行います。

  • 定評あるエンタープライズアレイのボリューム仮想化をファイルに拡張。
  • システム管理者があらかじめ定義したポリシーに基づき、階層ファイルストレージ間でデータを移動・複製。拠点からのデータへのアクセスは透過的に行われ、ユーザーはファイルの位置を意識する必要はありません。また、一定条件で移動を実施することにより、拠点側のディスク容量不足を予防します。
  • 拠点側の障害発生にも迅速に対応。重要なディレクトリから順次ディレクトリ構造を回復することにより、ダウンタイムの削減が可能です。
  • 標準ネットワークプロトコルに対応。LANはもちろんWAN経由でも利用可能です。
  • クライアント、業務サーバからはHitachi Virtual File PlatformをこれまでのNASと同じ要領で、自動バックアップ/アーカイブ機能を備えた仮想的な大容量ストレージとして利用できます。

ファイル仮想化機能

関連ソリューション・製品

容量仮想化機能

ファイルシステムの容量仮想化機能は、ファイルシステムへの仮想的な容量割り当てによる利用率向上と容量管理の最適化を行います。

  • ファイルシステムの容量は、シェアクォータ(共有領域)に分割することが可能。シェアクォータの容量は容易に変更可能なため、必要に応じてユーザー/グループに柔軟に割り当てることができます。

容量仮想化機能の共有領域

  • ファイルシステムには、容量仮想化機能により物理容量以上の仮想的な容量を割り当てることが可能です。
  • データが書き込まれた場合、物理容量がストレージプールからファイルシステムに追加され、物理容量は実際に使用した分のみ消費されるので利用効率を向上できます。
  • データの使用量に応じて、ストレージプールに物理ディスクを追加することにより、ファイルシステムで使用可能な容量を容易に拡張することができます。

容量仮想化機能による活用例

Hitachi Unified Storage 100シリーズ、およびHitachi Virtual Storage Platformのボリューム容量仮想化機能(Hitachi Dynamic Provisioning Software)との連携

関連ソリューション・製品

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム