本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

システムの移動

クラウドではシステムの移動や撤去が柔軟に行えることが要求され、これに対応する、ストレージ側の柔軟性が求められます。
システムの移動に伴う、ボリューム間のデータ移動や、ストレージ階層間のデータ移動では、それぞれ装置内コピー機能(ShadowImage)と外部ストレージ仮想化機能(Universal Volume Manager)が有効です。
これらの機能を使いやすいインターフェースで管理できる、階層ストレージリソ−ス管理(Tiered Storage Manager)がデータマイグレーションには有効です。

図:システムの移動

関連ソリューション・製品

システムの撤去

システムの撤去による、ボリュームの削除には、ボリューム容量の仮想化が有効です。ボリュームを0クリアした場合仮想化ソフトウェアは、その領域を開放されたものとみなし、ストレージプールに回収して再利用を行います。
このためストレージ容量の有効活用ができます。

図:システムの撤去

関連ソリューション・製品

コスト削減

クラウドに対するコスト削減の期待は大きく、ストレージの仮想化はコスト削減に役立ちます。
ボリューム容量の仮想化は、必要最低限の容量に節約することができます。
また、外部接続ストレージの仮想化は、データの重要度に応じた最適なコストのストレージを選択することができコストの最適化に有効です。

信頼性・可用性

信頼性、可用性はクラウドの懸念事項です。
日立ストレージソリューションは、信頼性、可用性を向上する手段をご提供します。

  1. 装置内部の各部位の二重化、多重化やデータ保証コード付加等による基本的信頼性の確保
  2. データの冗長化、複製の作成による万一の場合の回復手段の提供
  3. 高可用性機能(High Availability Manager)によるホストに負担を掛けないストレージ側のフェールオーバ
  4. 上位ホストのクラスタシステムやパス切り替えに対応する、データパス管理機能(DynamicLinkManager)

セキュリティ・コンプライアンス

セキュリティ・コンプライアンスもクラウドの懸念事項です。
日立ストレージソリューションは、セキュリティ、コンプライアンスをご支援する機能をご提供します。

  1. アクセス制御(LUNセキュリティ等)による不正アクセスの防止
  2. ディスクの暗号化
  3. 改ざん防止(Data Retention Utility等)
  4. 信頼性向上による、データ破壊の防止、等

性能干渉の防止:仮想プライベートストレージ(Virtual Partition Manager)

仮想化環境の中でのストレージ統合では、業務アプリケーション間の性能干渉が懸念事項になります。
従来は業務ごとに個別のストレージシステムで性能最適化を測ってきた場合でもコンソリデーションは行いたい...
このようなニーズには、仮想プライベートストレージ機能(Virtual Partition Manager)が役立ちます。
本機能は、アプリケーションや業務ごとに、仮想的に複数の専用のストレージ装置を定義するものです。
アクセス性能に密接に関係するストレージ資源を、アプリケーションごとに分割して専用化できるため性能の干渉を排除できます。また、仮想的に独立したストレージを形成できるので、セキュリティの確保にも役立ちます。

図:仮想プライベートストレージ機能

関連ソリューション・製品

省電力化

ストレージの仮想化(ボリューム容量の仮想化)により省電力が可能になります。
通常業務プログラムに対しては、将来のことを考慮して、実際の使用済み容量に比べて大きな容量のディスクドライブを初期に割り当てます。
ストレージの仮想化技術を使用すると、割当済みでもデイスクドライブ未導入分の消費電力の削減が可能です。

図:グリーンIT

関連ソリューション・製品

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム