本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

ファイル仮想化機能「Universal File Manager」

ファイル仮想化機能は、定評あるエンタープライズアレイのボリューム仮想化をファイルに拡張。ポリシーに基づいたファイル仮想化により階層ストレージの運用最適化を行います。

  • 定評あるエンタープライズアレイのボリューム仮想化をファイルに拡張。
  • システム管理者があらかじめ定義したポリシーに基づき、階層ファイルストレージ間でデータを移動・複製。拠点からのデータへのアクセスは透過的に行われ、ユーザーはファイルの位置を意識する必要はありません。また、一定条件で移動を実施することにより、拠点側のディスク容量不足を予防します。
  • 拠点側の障害発生にも迅速に対応。重要なディレクトリから順次ディレクトリ構造を回復することにより、ダウンタイムの削減が可能です。
  • 標準ネットワークプロトコルに対応。LANはもちろんWAN経由でも利用可能です。
  • クライアント、業務サーバからはHitachi Virtual File PlatformをこれまでのNASと同じ要領で、自動バックアップ/アーカイブ機能を備えた仮想的な大容量ストレージとして利用できます。

ファイル仮想化機能

関連ソリューション・製品

容量仮想化機能

ファイルシステムの容量仮想化機能は、ファイルシステムへの仮想的な容量割り当てによる利用率向上と容量管理の最適化を行います。

  • ファイルシステムの容量は、共有領域に分割することが可能。共有領域の容量は容易に変更可能なため、必要に応じてユーザー/グループに柔軟に割り当てることができます。

容量仮想化機能の共有領域

  • ファイルシステムには、容量仮想化機能により物理容量以上の仮想的な容量を割り当てることが可能です。
  • データが書き込まれた場合、物理容量がストレージプールからファイルシステムに追加され、物理容量は実際に使用した分のみ消費されるので利用効率を向上できます。
  • データの使用量に応じて、ストレージプールに物理ディスクを追加することにより、ファイルシステムで使用可能な容量を容易に拡張することができます。

容量仮想化機能による活用例

Hitachi Unified Storage 100シリーズ、およびHitachi Virtual Storage Platformのボリューム容量仮想化機能(Hitachi Dynamic Provisioning Software)との連携

関連ソリューション・製品

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム