ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

夜間のバッチ処理時間を約50%削減
インフラ性能の不安を払拭し新たな組合員サービスの創出も可能に

組合員の食や生活を支える生協にとって、多様化する組合員ニーズへの対応は重要な課題だ。しかし魅力的な新サービスを創出していくためには、大量の業務データを迅速かつ的確に処理できるインフラが求められる。こうした悩みをIT基盤の刷新によって解決したのが生活協同組合連合会 コープ九州事業連合(以下、コープ九州)だ。コープ九州では、1日平均100万件にもおよぶ注文や請求に関するデータを短時間で処理する基盤に、日立製作所(以下、日立)のストレージを採用。高い性能と信頼性を確保することで、将来的なサービス追加にも柔軟に対応できる環境を実現している。

*
この記事は ITpro Special(2015年7月)に掲載されたものです。

地域の組合員の食と生活を支える高品質なサービスを展開

杉本 幸隆氏
生活協同組合連合会
コープ九州事業連合
管理本部 情報システム部
部長 杉本 幸隆氏

コープ九州は、九州・沖縄エリア8県の生協の共同出資により1993年に発足した事業連合。以来20年以上、地域の組合員の食と生活を支える重要な役割を担ってきた。

情報システム部の杉本 幸隆氏は「商品開発や調達・仕入れなどの業務を共同で行うことで、商品品質の向上やコストメリットの最大化を追求することが我々のミッション。情報システムや物流業務についても共同化・最適化を推進し、より最適な組合員サービスの実現につなげています」と説明する。

コープ九州の事業は、組合員がカタログやインターネットで注文した商品を1週間後の決まった曜日・時間帯に配達するサービス「無店舗事業」と、事業エリア全域に約90店舗を構える「店舗事業」の2種類に大別されるが、これらのサービスを利用する組合員の数は170万人以上に達する。これもコープ九州の地域に根ざしたサービスが、高く評価されていることの証といえるだろう。

夜間バッチ処理の長時間化が大きな課題に

このように発展を続けるコープ九州だが、インフラ面で課題も抱えていた。それは、無店舗事業に用いられているIT基盤のさらなる性能向上だ。「元々このシステムは、2012年に宮崎・沖縄を除く6県6生協のシステムを共同化したもの。導入当初は安定して稼働していましたが、その後、想定以上の業務のデータ量増大や新たな業務要件への対応などにより、性能問題が顕在化しつつありました」と杉本氏は振り返る。

特に課題となっていたのが、夜間バッチ処理の長時間化だ。無店舗事業システムは、1日平均で約100万件もの注文を受け付けている上に、月末・月初の請求処理のタイミングや年末年始などの繁忙期には、さらに膨大なデータを処理しなくてはならない。「しかもこのシステムでは、組合員様からの注文受け付けだけでなく、ご注文頂いた商品の発注や仕分け、物流の手配など、多岐にわたる業務を処理します。このように、とにかく処理すべき業務が多いので、慢性的な高負荷状態となりつつありました」と杉本氏は続ける。

もしこれらのバッチ処理が規定の時間内に終わらないと、翌朝のオンライン業務にも支障が出てしまう。たとえば、組合員から注文に関する問い合わせが入った際に、各生協の現場職員が注文内容をすぐに確認できず、その場で適切な回答が行えないといった事態が起きかねないのだ。

「データベースのチューニングを行うなど改善は行ってきましたが、そうした対応では根本的な解決は難しく限界がある。そこでIT基盤の刷新にあたっては、大量バッチ処理の高速化を実現できるソリューションを求めました」と杉本氏は語る。そして、このような課題解決に採用されたのが、日立のオールフラッシュモデル「Hitachi Unified Storage 150 all flash」(以下、HUS150 all flash)だった。

フラッシュドライブ搭載ストレージに活路を見出す

山口 武司氏
生活協同組合連合会
コープ九州事業連合
管理本部 情報システム部
システム基盤課
課長 山口 武司氏

コープ九州では、当初からフラッシュの導入を考えていたわけではなかったという。業務システムのアクセス特性によっては、フラッシュのメリットが思うように発揮できないケースも考えられるからだ。そこで、今回のプロジェクトを担当した日立ソリューションズ西日本をはじめとする日立グループでは、こうした懸念を払拭すべく、既存の業務システムの稼働実績データを基にした評価分析を実施した。

「その結果、全アクセス処理の約7〜8割がランダムアクセスであることが判明しました。これならフラッシュによる高速化効果が十分に見込めると判断し、安心して導入に踏み切れました。バッチ処理ではシーケンシャルアクセスが多いのではという予想もあっただけに、この分析結果は我々にとっても少々意外でした」と情報システム部 システム基盤課の山口 武司氏は説明する。

これに加え、導入のもう一つの決め手となったのが、既存システムからの確実なデータ移行を実現できるという点だ。「HUS150 all flashには、ストレージ筐体間のデータコピー機能『TrueCopy』が用意されている上に、日立グループのエンジニアによる手厚い支援も受けられます。多くの組合員の生活を支えるサービスとしてシステム移行の失敗は許されませんし、業務停止も最小限に抑える必要があったので、信頼のおけるベンダーをパートナーに選びたかった」と杉本氏は話す。

バッチ処理時間を約50%短縮。オンライン作業もより快適に

こうした期待に応えるべく、日立グループでは総力を結集して移行作業をサポート。まず、本番環境とほぼ同じ環境を利用した性能検証テストを事前に実施し、HUS150 all flashによるパフォーマンス向上効果を確認した上で、実際の構築作業に臨んだという。また、システムの切り替え作業についても、綿密な移行計画を立てると同時に入念なリハーサルを繰り返し実施。その結果、各生協の現場業務へ影響を与えることなく、わずか10時間程度で新システムへの移行作業を完了することができた。

「『1日〜2日は業務を止めないといけないかもしれない』と覚悟していただけに、半日足らずで作業が終えられたことは非常にありがたかった。おかげで各生協の現場に迷惑をかけることなく、年末年始の繁忙期を新しい環境で乗り切ることができました」と杉本氏は満足感を示す。

最大の懸案であったバッチ処理の長時間化の問題も解消。以前の環境と比較して約50%もの時間短縮が実現できており、翌朝のオンライン業務に影響が生じる心配もなくなっている。万一障害が発生した際にも、オンライン業務開始まで時間があるため、余裕を持って対応できるようになったという。

さらにバッチ処理だけでなく、日中のオンラインについても大幅な性能改善を実現した。「大量の情報を検索するような場合でも、すぐにレスポンスが返ってくるようになりました。現場の業務効率改善は当然ながら、レスポンス改善対応のための情報システム部の作業負荷を軽減することができました」と山口氏は話す。

HUS150 all flashの導入によって大幅な性能改善を実現するIT基盤を手に入れたコープ九州だが、さらなる環境改善に向けた取り組みは今後も続いていく。「安定したサービス継続の要であるインフラの能力に不安があるようでは新たなサービスの企画にも注力できませんので、しっかりした土台が確立できたことには大きな意義があります。しかし、組合員、地域への貢献をめざす活動はこれからが本番ですので、コープ九州ならではの新たなサービスをさらに生み出していきたい。そこには、日立グループのシステム面だけに留まらない、広い事業領域からの知見・ノウハウによるサポートも期待しています」と杉本氏は述べた。

コープ九州のIT基盤のイメージ

システム構成

「HUS150 all flash」に搭載している日立独自の高性能・高信頼フラッシュドライブ「Hitachi Accelerated Flash」を利用することで、大量の夜間バッチ処理を高速化

最新の日立ミッドレンジストレージの詳しい情報はこちら

USER PROFILE

生活協同組合連合会 コープ九州事業連合

生活協同組合連合会 コープ九州事業連合
[代表理事] 理事長 梶浦 孝弘
[設立] 1993年11月1日
[出資金]22億4,900万円
[組合員数]173.8万人(2013年度)
[事業内容]
九州・沖縄エリア8県8生協の事業連合体として1993年に発足。商品開発・改善や仕入れ、物流・システム基盤の整備を共同で実施することで、約170万人の組合員に対し、より安心・安全かつ高品質なサービスを提供することを事業目的としている。

PARTNER PROFILE

株式会社 日立ソリューションズ西日本

[取締役社長] 秋山 和三
[設立] 1984年10月1日
[資本金]3億
[従業員数] 1,087名(2014年4月1日現在)
[事業内容]
地域に根ざしたITソリューション企業をめざし、広島と福岡を拠点に30年以上にわたって事業を展開。確かな技術力と多様な業種・業態の経験に裏打ちされたITソリューションで顧客の課題解決を強力に支援している。製造・流通、金融、公共などの各業種に特化したパッケージ製品や人事・給与といった総務部門向けのサービス商品にも強みを持つ。

特記事項

  • この記事は ITpro Special(2015年7月)に掲載されたものです。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

代替テキスト