ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

装置仕様

Hitachi Virtual Storage Platform F1500(VSP F1500)

主な仕様

(2017年7月現在)
Hitachi Virtual Storage Platform F1500
形名 A-65AE-F1500, A-65AE-F1500Y
最大容量 ディスクアレイシステム内部ストレージ 8,106TB*1(7,372TiB)*2
ディスクアレイシステム外部ストレージ 287PB*1(255PiB)*2
RAIDレベル RAID5(3D+1P, 7D+1P),RAID1(2D+2D, 4D+4D), RAID6(6D+2P, 14D+2P)
キャッシュメモリー最大容量 2,048GiB*2
サポートフラッシュモジュールドライブ容量 14TB(12.8TiB)/7.0TB(6.4TiB)
サポートフラッシュドライブ容量
サポートディスクドライブ容量 SASドライブ
ニアラインSASドライブ
最大接続チャネル数 ファイバチャネル 176
FCoE 176
メインフレームファイバチャネル 176
iSCSI 88
電源入力 単相200V
外形寸法(W×D×H)mm 610〜2,400×1,121×2,006
省エネ法に基づく表示(2011年度規定) 区分 対象外
エネルギー消費効率*3
*1
1kB=1,000バイトとして計算した値です。
*2
1KiB=1,024バイトとして計算した値です。
*3
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。

サポートプラットフォーム

サポートOS
メインフレームシステム接続 ・z/OS、 z/VM、 z/VSE、 z/TPF  ・ Linux® on System z
オープンシステム接続 ・HP-UX  ・Windows®   ・Solaris  ・AIX
・Red Hat Enterprise Linux、 SUSE Linux  ・VMware®  ・OpenVMS

※サポートプラットフォームの詳細については、弊社担当営業にお問い合わせください。

ストレージサービスメニュー

メニュー サービス内容
Hitachi Virtualized Storage Assessment service 既存のお客さまITインフラ基盤を、ストレージを中心としてバーティカルに分析。性能・コストなどの観点から効果の定量的な試算を行い、オールフラッシュアレイをはじめとした最適なシステム構成を提案し、投資コストの最適化を促進します。
Hitachi Virtualized Storage Design & Implementation service オールフラッシュ時代に適応したストレージ環境の設計〜構築までをワンストップで提供します。
Hitachi Backup Restore Design & Implementation service ボリュームレプリケーション機能などのストレージ機能を活用したバックアップシステムの設計・構築を実施します。
Hitachi Remote Copy Design & Implementation service ストレージリモートコピー機能を活用したディザスタリカバリシステム・リモートバックアップシステムの設計・構築を実施します。
Hitachi Data Migration service 日立独自のストレージ仮想化技術で、上位プラットフォームへの影響を極小化したデータ移行を提供します。

※サービスの詳細については、弊社担当営業にお問い合わせください。