ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

オールフラッシュアレイ

Hitachi Virtual Storage Platform F1500(VSP F1500)

  

高性能を搭載したオールフラッシュアレイ

より速く、柔軟に。フラッシュの力を生かす

Hitachi Virtual Storage Platform F1500は、日立独自開発のフラッシュモジュールドライブ Hitachi Accelerated Flash DC2*1を搭載した高性能・高信頼なオールフラッシュアレイです。プロセッサを一新し、フラッシュドライブを使いこなす高性能を実現。アクセスの急激な変動やデータ量が急増する環境においても安定したスループットを発揮し、日々のデータの処理や分析プロセスを迅速化。ビジネスの高付加価値化に貢献します。

高信頼性を実現する、日立製フラッシュとコントローラの連携

Hitachi Accelerated Flash DC2とストレージの各コントローラが連携した定期データ診断・回復機能により、データの損失を防止します。さらに、国内での一貫した設計・開発により、高い信頼性を実現。ミッションクリティカルな分野でも安心して使用できます。

用途に応じた柔軟な装置構成が可能

共有スロットには、サーバ向けポートを増設するパッケージの代わりに、性能を向上させるプロセッサブレードを選択可能*2です。ストレージの要件に応じた、柔軟な装置構成を構築できます。

Hitachi Accelerated Flash DC2で性能と容量を強化

最大12.8TiBの大容量フラッシュモジュールHitachi Accelerated Flash DC2をサポート。大容量化によりラックスペースやシステム全体の消費電力を抑えることでTCO削減に貢献するとともに、容量設計や装置管理の省力化が可能です。また、ハードウェア圧縮処理によりデータ圧縮時にも高いデータアクセス性能を維持。アプリケーションやデータ分析、デスクトップ仮想化、サーバ仮想化の領域で求められる高速データ処理を実現します。

TCO:Total Cost of Ownership

Hitachi Virtual Storage Platform F1500の導入効果
適用分野 導入効果
DB高速化 高いランダムアクセス性能で、迅速なデータアクセスが可能
VDI 仮想PC起動/終了の高速化、ラック本数・消費電力減に伴う運用コスト削減
データ分析 高速データ処理により、分析結果をスピーディーに算出
*1
Flash Module Driveと専用のドライブシャーシで構成
*2
オプション