ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

容量管理

Hitachi Virtual File Platform(VFP)

仮想的な容量割り当てによる利用効率向上と容量管理の最適化

容量仮想化機能

  • ファイルシステムの容量は、共有領域に分割することが可能。共有領域の容量は容易に変更可能なため、必要に応じてユーザー/グループに柔軟に割り当てることができます。
  • ファイルシステムの容量

  • ファイルシステムには、容量仮想化機能により物理容量以上の仮想的な容量を割り当てることが可能です。
  • データが書き込まれた場合、物理容量がストレージプールからファイルシステムに追加され、物理容量は実際に使用した分のみ消費されるので利用効率を向上できます。
  • データの使用量に応じて、ストレージプールに物理ディスクを追加することにより、ファイルシステムで使用可能な容量を容易に拡張することができます。
  • 大量のファイルを移動または削除した際に生じた空き容量については、未使用領域解放機能を使用することで、ファイルがそれまで使用していた領域をストレージプールに返却し、別ファイルシステムで再利用することが できます。これにより、ストレージプールの容量利用効率を向上させることができます。
  • ファイルシステムの容量