ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

クラウドストレージソリューション

Hitachi Virtual File Platform(VFP) +Hitachi Content Platform(HCP)

Hitachi Virtual File Platform(VFP)は、クラウド環境での「ファイル仮想化機能」をサポート。これにより、分散拠点・部門とセンター間におけるシームレスなデータ移動・複製が可能です。
各拠点・部門に設置したHitachi Virtual File Platform(VFP)をCloud on-Ramp(クラウド環境への入り口)として、拠点・部門データをセンターのHitachi Content Platform(HCP)へ集約できます。

たとえばこんな風に活用して課題解決

Cloud on-Rampによる拠点・部門データのセンター集約

課題

分散拠点・部門単位にNASやファイルサーバを保有。部門ごとに容量の監視・増設、データ管理が必要で、拠点数やデータ量の増加に比例して増大する投資・運用管理コストが大きな負担に…。

拠点・部門データ集約の課題

Solution

各拠点/部門のHitachi Virtual File Platform(以下、「VFP」)(Cloud on - Ramp:クラウドへの入り口)から、センターのHitachi Content Platform(以下、「HCP」)に自動バックアップ/アーカイブ。

効果

  • 各部門のストレージ容量や管理コストを削減できます。また、バックアップ/アーカイブ用に必要な容量を日立クラウドサービスで利用することが可能。ストレージコストと運用コストをさらに削減可能です。
  • ファイル仮想化機能により、センターにバックアップ/アーカイブされたデータも各部門から透過的にアクセス可能。業務サーバやクライアントの設定変更などは必要ありません。
  • 「HCP」の重複排除機能と圧縮機能により、ディスク容量の利用効率が向上します。

拠点・部門データ集約の効果

クラウドストレージソリューション「Cloud on-Ramp ソリューション」

カタログ

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • HITAC カスタマ・アンサ・センター 0120-2580-12(フリーダイヤル) 受付時間:9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日曜・祝日を除く)
  • Webフォームからのお問い合わせ
検索フォーム

関連リンク

海外におけるCloud on-Rampのご紹介