本文へジャンプ

ストレージソリューション

Hitachi

仕様表

仕様表(2011年9月現在)
型名 A-6938-U511 A-6938-U522
インタフェース 4Gbps ファイバチャネル〔Optica(Non-OFC)〕最大400Mバイト/s)
Fabric(F_port)、FC-AL、Point-to-Point接続
1ポートまたは2ポート(オプション)
動作方式 イニシエータ方式
テープフォーマット LTO Ultrium 5規格*1(含む暗号化:FIPS PUB19(7 AES))
LTO Ultrium 4規格*1(含む暗号化:FIPS PUB19(7 AES))
LTO Ultrium 3規格*1*2
搭載テープライブラリ数 1 2
搭載テープドライブ数 1 2
テープ搭載巻数(最大) 25 50
RAID構成 JBOD JBOD
RAID0(2並列)
RAID1
非圧縮時
記憶容量
(Tバイト)*3
JBOD 1.5〜37.5 1.5〜75.0
RAID0 - 3.0〜75.0
RAID1 - 1.5〜37.5
2倍圧縮時
記憶容量
(Tバイト)*3*4
JBOD 3.0〜75.0 3.0〜150.0
RAID0 - 6.0〜150.0
RAID1 - 3.0〜75.0
非圧縮時
データ転送速度
(Mバイト/s)*5
JBOD 140 140
280(マルチジョブ)*8
RAID0*6 - 280
RAID1 - 140
EIA規格ユニット数 7 10
外形寸法W×D×H(mm) 482.6×793×306 482.6×793×438
質量(最大)*7 約45kg 約65kg
電源電圧 単相AC100〜240V+10/-10%
周波数 50/60±1Hz
消費電力 330VA 390VA
発熱量(kJ/h) 1,110kJ/h 1,240kJ/h
*1
LTO:Linear Tape-Open
*2
LTO-3テープは、リストアのみ使用可能です。
*3
記憶容量はLTO-5テープ使用時、1kバイト=1,000バイトとして計算した値です。
*4
本仕様は、テープのハードウェア仕様に基づく値で、実際のデータ取得可能容量ではありません。
*5
対象のディスクアレイやデータによっては、性能が出ない場合があります。なお値はLTO-5テープ使用時の参考値です。
*6
U522では2並列時の値です。
*7
LTOテープカートリッジの質量は含みません。
*8
マルチジョブ使用時のトータル性能です。

電話によるお問い合わせ

webによるお問い合わせ