本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

ストレージシステム稼働管理 Tuning Manager

ストレージネットワーク全体のパフォーマンスを統合的に管理します。

ストレージシステム稼働管理Tuning Managerは、SAN環境に接続されたサーバ、アプリケーション、ストレージシステム、スイッチの性能情報・容量情報を収集・蓄積し、ストレージネットワーク全体のパフォーマンスを統合的に管理することを目的としたソフトウェアです。
大容量のストレージシステムによるSAN環境の稼働性能を維持するには、性能や使用容量を定常的に把握する、性能劣化の兆候を早期に把握するなどの管理が欠かせません。


Tuning Managerは、性能情報、容量情報をすぐれたGUIやCLIにより視覚化し、パフォーマンスチューニング、キャパシティプランニング、リソースの再配置などのストレージ管理業務を強力に支援することで、ストレージシステムの安定稼働を将来にわたり支えます。

各種機器リソースの統合的な管理

SAN環境に分散するサーバ、アプリケーション、SANスイッチ、ストレージ装置など、これらストレージネットワーク内の各種機器リソースの性能や容量を統合的に監視・分析できます。リソース関連の情報はGUIで簡単に確認できるので、性能ボトルネック解析時にも役立ちます。

サービスレベルの維持

監視項目例

  • サーバ:ファイルシステム単位使用量・成長率、デバイスファイル単位性能など
  • アプリケーション:ディスク/テーブルスペースの空き容量や性能、メモリ利用率など
  • SANスイッチ:ポートデータ送受信量、CRCエラー発生ポートなど
  • ストレージ装置:ポート性能、LU性能、プロセッサ性能、キャッシュ書き込み遅延率、ディスクビジー率など

きめ細かい稼働状況管理

稼働状況のデータを、分、時間、日、週、月、年単位に自動で集計・蓄積。ストレージシステムの安定稼働を実現する上で欠かせないパフォーマンスチューニング、キャパシティプランニング、データ移行などの業務を支援します。

プロアクティブな管理によるサービスレベルの維持

日立ディスクアレイシステムの性能をTuning Managerがヘルスチェックし、問題の対処案まで表示。性能問題が起こる前に事前対処でき、サービスレベルを維持することができます。

HTnM導入のメリット

ストレージシステム全体のパフォーマンス管理

ストレージシステムの規模が大きくなればなるほど、システム全体の性能・容量を把握することは困難になります。Tuning Managerでは、WebベースのGUIにより、各エージェントが収集・蓄積した性能・容量情報を統合した形で表示できるため、個々のリソースの状況からシステム全体の状況までを短時間で容易に把握することができます。

アプリケーション/サーバ/SANスイッチ/ストレージそれぞれの視点による性能分析の支援

システム拡張による機器の追加やビジネスの拡大によるアプリケーションへのアクセス増加によって、システム性能が劣化した場合、アプリケーション/サーバ/SANスイッチ/ストレージのどこに原因があるのかを特定するのには多大な時間と手間がかかります。そこで、Tuning Managerはアプリケーション/サーバ/SANスイッチ/ストレージそれぞれの視点による分析情報を提供。アプリケーション視点やサーバ視点で性能が劣化しているリソースを確認し、次にストレージ視点でそのリソースを共有している他のサーバを見つけ、ディスク性能を確認するなどして、リソース競合の原因を特定するといった運用ができます。これにより、迅速な問題解決を支援し、ビジネスへの影響を最小限に抑えられます。

システム規模に合わせて必要なところから導入

PCサーバ数台の小規模システムからエンタープライズクラスの大規模システムまで、システム規模に合わせて必要なところから導入できます。たとえば「ストレージ装置やSANスイッチだけを監視する」ところから始めれば、エージェントを入れる必要がなく、かつ初期導入費を抑えられます。その後、「業務サーバのリソースを含めて監視する」、さらに「ストレージとサーバを関連させてリソース競合の原因を分析する」というTuning Managerを最大限に活用できる構成にまで、効率良く拡張できます。

機能の概要

Tuning Managerは、ストレージシステム全体のパフォーマンス管理に最適な以下の機能を提供します。

監視対象のパフォーマンスデータを収集・蓄積できます

Tuning Managerは、監視対象ごとにパフォーマンスデータを収集し、データベース化して管理します。現在の情報だけでなく、過去の定常状態での性能・容量傾向との違いが分かるため、システムの性能傾向を分析できます。

収集・蓄積した各種パフォーマンスデータをグラフィカルに表示できます

Tuning Managerが収集・蓄積したパフォーマンスデータは、GUIで見やすく分析しやすいフォーマットに整理・統合され、さまざまなグラフや表として表示することができます。サーバやストレージなど、リソースごとの容量推移が分かりやすく表示できるため、容量計画に役立つほか、ストレージシステムへの投資を最適化することができます。また、GUIはWebベースのアプリケーションのため、Webブラウザによって、どのホストからでもネットワークを通してパフォーマンスデータの閲覧ができます。

しきい値を設定して、パフォーマンスの低下を通知することができます

あらかじめ設定したしきい値に基づいて、パフォーマンスの低下を通知することで、システムの問題点を早期に発見し、ビジネスへの悪影響を未然に防ぐことができます。また、日立ディスクアレイシステムのリソースには予めしきい値が設定されており、定期的なヘルスチェックができます。

より詳細に分析できるテンプレートの提供

障害の箇所や原因の特定に役立つ、各種機器リソースの性能をより詳しく分析できるテンプレートにより、複雑な定義をしなくても性能状況を監視可能。テンプレートはお客さまの環境に合わせて容易にカスタマイズできます。

GUIによる分かりやすい性能レポート

  • 複数関連リソースの性能情報を1画面で表示
    データ入力パスに存在する複数のストレージリソースの性能グラフを1画面で一括して表示できます。
  • オンデマンドでの性能レポート表示
    現在のリソースの状態をリアルタイムで表示します。
  • レポート情報のカスタマイズ
    レポート表示する性能情報やフォーマットをカスタマイズできます。

パス管理ソフトに対応

データ入出力パス管理Dynamic Link Managerなどの主要パス管理ソフトによる交代パス運用時にもそれぞれのパスのパフォーマンスを監視することができます。