本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

グローバル入出力パス管理 Dynamic Link Manager

データ入出力パスの安定稼働を支援します。

グローバル入出力パス稼働管理 Global Link Manager は、データ入出力管理 Dynamic Link Managerと連携してストレージシステムの安定稼働を支援することを目的としたソフトウェアです。
顧客の業務拡大にともない、SAN環境内のサーバも増加傾向にあります。グローバル入出力パス稼働管理 Global Link Manager は、データ入出力管理 Dynamic Link Managerと連携して、SAN環境内の複数のサーバに繋がったパス稼働状態を集中監視します。

機能の概要

SAN環境内での入出力パスの稼働状態を集中監視

1台のコンソールで、すべてのパス稼働状態を集中監視できます。
それぞれのホスト(業務サーバ)の設置場所にいく必要がなく、大規模化するストレージシステム管理を簡素化し、TCO(Total Cost of Ownership)の削減を支援します。

SAN環境内での入出力パスの稼働状態を集中監視

パス障害のリアルタイム通知及び集中管理

パス障害が発生した場合には、SNMP Trapを使用して管理サーバにアラートで通知します。
各ホストからの障害情報を一元管理することができ、どのホストのどのパスで障害が発生したのかをリアルタイムで把握できるため、迅速な対処が可能となり、SAN環境の可用性を確保します。

顧客の運用に合わせたパス稼働状態の管理を支援

ホスト単位、ストレージ単位などホストとストレージシステム間のパス稼働状態を様々な角度から監視することができます。またパスメンテナンスのためにCHAポート、HDev、HBAポート単位でパス情報を絞り込むことも可能で、運用にあわせたパス稼働監視をすることができます。
さらに、ホスト(リソース)を目的ごとにグループ化し、ユーザと関連付けたリソースグループ単位、ホストを任意にグループ化して階層化したホストグループ単位で管理することも可能であり、複雑化するSAN環境のリソースの管理を効率化します。

管理対象一覧とパス稼働情報のレポート

Global Link Managerが管理しているホストやパス、アラートの一覧をまとめてCSVファイルに出力することができます。また、パスの稼働状況を知るために、指定した期間のパスステータスログ、パス稼働率をCSVファイルに出力することもできます。