ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

特集ページ VMware vCenterによるクラウド環境の運用効率化

サーバ管理の現状と課題

サーバ管理の現状

サーバ管理の現状 ビジネス拡張などでサーバや仮想マシンが増える

サーバ管理が直面する課題

直面する課題運用 Hitachi Compute Plug-inで課題を解決 クラウド環境におけるストレージ管理の課題を解決
  • 仮想マシン/物理サーバが増加すると、日常の運用が煩雑化してしまう。
  • 仮想マシンと稼働する物理サーバの関係が一目でわからないので、仮想マシンからの障害発生した物理サーバの特定が煩雑になる。
  • 監視ツールをvCenterから変更すると、運用手順書の改訂、オペレータ教育などのコストが発生してしまう。

課題の解決

課題の解決

業務拡大によりITシステムを拡張しても、vCenterとの連携により、仮想化環境の日常運用の更なる効率化を支援します。

  • vCenter+Hitachi Compute Plug-inにより仮想化環境を物理層から俯瞰監視
  • HCSMトポロジーマップにより、ハードウェア問題箇所の詳細分析

Hitachi Compute Plug-inとHitachi Compute Systems Managerの特徴

Hitachi Compute Plug-in

「Hitachi Compute Plug-in for VMware vCenter」を導入し、VMware環境と日立製サーバを統合管理することで、運用コストを軽減

  • 構成情報表示機能により、VMware管理コンソール(VMware vSphere Web Client)上でサーバ構成を把握できるようになり、仮想マシンとの相関情報の確認が可能
  • ステータス情報表示機能により、VMware管理者がハードウェアの障害部位を特定し、障害回復を円滑に進めることが可能
  • VMware管理コンソール(VMware vSphere Web Client)上からサーバの電源操作(ON/OFF)や、識別ランプの操作が可能

vCenter Plug-in

vCenter Plug-in

Hitachi Compute Systems Manager

HCSMのトポロジーマップにより、ハイパーバイザー単位の問題箇所の視認性が向上します。

  • 物理と仮想(サーバ/VMware ESXi/仮想マシン/ゲストOS)のマッピングが一目で把握できます(トポロジーマップ)。
  • トポロジーマップ上に、障害/警告の状態を表示するため、障害箇所を一目で把握することができます。

Hitachi Compute Systems Manager

Compute Systems Manager のご紹介
Hitachi Compute Systems Manager