ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

スケーラビリティと安定性能

Hitachi Unified Storage VM(HUS VM)

ミッドレンジクラス最大の高スケーラビリティ

ドライブ数はクラス最大の1,152台まで(通常モデル)拡張可能。さらに、Hitachi Universal Volume Managerを適用することで最大64ペタバイトまでの容量拡張性を提供します。
キャッシュ容量は最大256Gバイトまで搭載可能。さらに、3.5型ディスクドライブを48台搭載可能な4Uの高密度ドライブボックスベイをサポート。高スケーラビリティと省スペースを両立します。

      

ミッドレンジクラス最大の高スケーラビリティ

*
1U: 44.45mm

高速処理と安定稼働を支援する先進の高可用アーキテクチャ

エンタープライズで培った仮想化機能のサポートを可能にする高性能ASICを搭載。さらに、この高性能ASICがプロセッサへの処理配分といった複数機能を統合し、コントローラ内部の処理を最適化することで、分析業務を支援する高シーケンシャル性能を実現します。
また、2つのプロセッサブレードは各コントローラの高性能ASICと相互に接続。一方のプロセッサブレードに障害が発生した場合でも、もう一方のプロセッサブレードで処理を継続できるため、高い耐障害性能を確保しています。さらに、一方のコントローラに負荷が集中した際も全プロセッサ/コアで対応可能なため、プロセッサの利用効率を平衡化し、安定した性能を提供します。

高速処理と安定稼働を支援する先進の高可用アーキテクチャ

*
ASIC: Application Specific Integrated Circuit
*
SAS: Serial Attached SCSI