ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

データ保護

Hitachi Unified Storage VM(HUS VM)

Hitachi Universal Replicatorの高性能非同期リモートレプリケーションをサポート。データセンターの災害対策 として、サーバフリー(非経由)でローカルサイトとリモートサイトに設置したシステム間のリモートコピー機能を提供します。回線帯域や業務トラフィックの変動に影響されにくい、エンタープライズレベルの安定した非同期リモートコピーが可能です。また、I/Oレベルでの更新順序を保証しているため、エンタープライズレベルのRPOを実現します。

RPO: Recovery Point Objective

事業継続性を強化するエンタープライズレベルのレプリケーション

2種類のリモートコピー機能
データセンターの災害対策として、サーバフリー(非経由)でローカルサイトとリモートサイトに設置したシステム間のリモートコピー機能を提供します。サイト間のデータ整合性を最重要とする同期リモートコピー機能と、業務サーバへの影響を極小化した非同期リモートコピー機能を提供しています。
柔軟なコピー運用
広域災害、局所災害に備えるデータセンター構成で、ストレージリソースの使用効率を向上しつつ柔軟なコピー運用が可能です。
安定した非同期リモートコピー
非同期リモートコピー機能ではジャーナルを利用し、リモートサイトデータの一貫性保証やトラフィック変動時もより安定したリンクコントロールを実現します。

2種類のリモートコピー機能

1.複製の作成(ShadowImage)

ディスクアレイ内にサーバ(ホスト)を経由せずに、論理ボリュームのレプリカ(副ボリューム)を作成する機能です。
作成されたレプリカを利用することで、稼働中のアプリケーションに影響を与えずにバックアップを取得したり、バッチ業務実行などの並列処理を実現します。
1つの論理ボリュームから最大9つのレプリカ(複製)を作成可能。

複製の作成(ShadowImage)

2.スナップショットの作成(Copy-on-write SnapShot)

ディスクアレイ内にサーバを経由せずに指示した時点の論理ボリュームのレプリカ(副ボリューム)を即座に作成する機能です。
オペレーションミスやバグなどのソフトウェア障害時に、任意の時点のレプリカから即座にデータを回復できます。
スナップショットのデータは、正ボリュームの物理データとデータ格納領域に格納された差分データで構成するので、正ボリュームより小さい領域ですみます。

各種コピー(装置内コピー)