ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

お客さまへのタイムリーな製品提供をめざして、調達・生産・供給・販売をワールドワイドに統括する先進の経営システムを導入しています。

トータルSCM(グローバル製品供給計画システム)

トータルSCM(グローバル製品供給計画システム)

日本をはじめ、アメリカ・ヨーロッパ・アジアに展開する販売・物流拠点と生産拠点をネットワークで結び、製品の流れと情報の流れをリンクすることで、需給計画にもとづく生産・在庫・出荷量の迅速かつ的確なコントロールを実現します。これにより、需要の変動にもスムーズに対応でき、お客さまへ製品をタイムリーに提供します。

全世界の販売データを把握し、部品調達・生産・出荷へスピーディに反映できる「トータルSCMシステム」と、その情報を可視化して、正確な供給コントロールやすばやい経営判断をサポートする「経営コックピットシステム」を導入しました。これにより、サプライヤから生産工場、販売会社まで全プロセスの情報を一元的に管理でき、お客さまのニーズに最適なストレージ製品を適切な時期にお届けすることが可能です。

  • * SCM:Supply Chain Management

経営コックピット(経営意思決定支援システム)

経営コックピット(経営意思決定支援システム)

トータルSCMのさまざまな日次および週次データを可視化し、実務者レベルで共有することにより、世界規模の生産・供給オペレーションを可能にします。一方、経営者層に向けては、製品グループや地域ごとの業績見通しなどをグラフィカルに提示して、意思決定のスピードアップを支援します。

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム