ページの本文へ

日立ストレージソリューション

Hitachi

NASやコンテンツクラウドの導入をさらに容易にするために、順次エントリーモデルや低コストのストレージセットモデルを提供。100万円を下回るコンパクトな「Hitachi Virtual File Platform 50(以下、VFP50)」やさらなる省スペース化を実現した「Hitachi Virtual File Platform 80(以下、VFP80)」の魅力をご紹介します。

100万円を切るNASをSMB向けに投入 パートナーは容易にクラウドの提供が可能に

ファイルストレージ開発本部本部長 柴田 隆 氏

SMB市場向けに、従来の仮想ファイルプラットフォームVFPのシリーズに一台100万円を切る価格で、初期設定が10分間で済むという製品を投入。急増する企業内のデータを効率的に管理・活用するSMBのニーズに応えられる製品として注目される。

エントリーモデルに「VFP80」が追加!!さらに強化されたラインアップ!!

エントリーモデルに「VFP80」が追加!!さらに強化されたラインアップ!!

100万円を切る低価格NAS、「VFP50」に続き、今度は拡張性を強化した2Uラックマウントの「VFP80」が追加!ラインアップがさらに強化されました。
さらに、最新エンハンスの内容をご紹介します。

VFPの特徴をご紹介!!

日立ファイルストレージが選ばれる「10の理由」

日立ファイルストレージが選ばれる「10の理由」

Hitachi Virtual File Platform(以下VFP)が選ばれる10の理由についてご説明します。

ビデオ:「NASを超える次世代ストレージHitachi Virtual File Platformの紹介」

ビデオ:「NASを超える次世代ストレージHitachi Virtual File Platformの紹介」

Hitachi Virtual File Platformのご紹介・デモビデオです。

事例紹介

国立大学法人 北海道大学

国立大学法人 北海道大学

国内最大規模の学術クラウドシステム「北海道大学アカデミッククラウド」にて、仮想ファイルプラットフォーム「VFP」500TBを導入しました。

日立ストレージソリューションに関するお問い合わせ

  • ご購入前の製品・サービスに関するご質問・ご相談など
  • Webフォームからのお問い合わせはこちら
検索フォーム