本文へジャンプ

日立ストレージソリューション

Hitachi

by Hu Yoshida on November 7, 2012

本日、日立データシステムズは、Hitachi Accelerated Flashストレージを発表しました。これは、フラッシュ技術のパフォーマンス、耐久性、容量、およびコストパフォーマンスのレベルを引き上げ、フラッシュ技術を本格的使用の生産性安定期へと推し進める製品です。

2011年の終わりには、SSD市場成長率が2倍に拡大するという楽観的な予測がありました。これは、エンタープライズ以外のSSD市場での話であり、エンタープライズのSSDベンダーでは、この年の最終四半期の実績は昨年を下回りました。SearchStorage.comおよびStorage Magazineが今年の秋にユーザーに対して実施した調査によると、SSDを使っているのはわずか14%で、その目的は主にストレージアレイだということが判明しました。SSDを使用していないユーザーの3分の2が、SSDが高価過ぎるということを使わない主な理由に挙げています。本体価格だけでなく、フラッシュメモリの低耐久性によって頻繁に部品を交換しなければならず、運用コストと資本コストが増大することでTCOもまた懸念事項となっています。別のWeb記事では、無効なページを再利用するためにハウスキーピングが開始されると、フラッシュメモリの書き込みパフォーマンスが極端に悪くなるという話が事細かに語られています。

Rich Castagna氏は、ガートナーのハイプチャートを引き合いに出しながら、SearchStorage.comで次の記事のような警告を発しています。「注意: 半導体ストレージは「曖昧さの谷」に近づいている」 彼は、この記事の中で、「半導体ストレージ は、見解が混乱しているせいでその技術自体が持つ優れた点が見えなくなっており、その市場にかかわる人たちは曖昧さの谷とも言うべき状況の瀬戸際だ」と述べています。彼はSLCフラッシュとMLCフラッシュを使用するシステムの違いは極めて大きいと指摘していますが、ベンダーがSSDのコストをHDDと同等と見せかけようと語る内容を考えると、ROIは本当は幾つなのかと述べています。また、33PB のデータを600GBの複数のドライブに1日30回、5年間書き込めると主張することで、ベンダーが耐久性に関する懸念を払拭しようとしていることを考えると、本番環境での真の故障率はどれ程度だろうと考えてしまうとも述べています。このような結果、エンタープライズSSDは、最近の数か月で啓発の坂を転げ落ちているように見えます。

日立が本日発表したHitachi Accelerated Flashストレージは、フラッシュメモリストレージに関するあらゆる曖昧さを解消してくれるはずです。日立は、インライン書き込み圧縮機能を備えた独自のマルチコア組み込みフラッシュコントローラを開発し、SLCに劣るMLCのパフォーマンスの問題、懸念される書き込み性能の悪化、耐久性の限界、およびコスト高を解消しています。日立のコントローラによりMLCフラッシュは、SLCフラッシュを使用するSSDよりも性能が良くなり、書き込み性能劣化をなくすためにガーベジコレクションとハウスキーピングのジョブはI/Oパスから切り離され、書き込み性能の落ち込みが解消されます。また、圧縮機能によってフラッシュメモリへの物理的な書き込みが最大94 %低減されるので、MLCフラッシュの耐久性が拡張されます。このコントローラの第一の利点は、より多くのフラッシュ容量を処理することで、Hitachi Accelerated Flashストレージの価格がMLCフラッシュのSSD構成よりも最大46 %も低減できる点です。その結果、Hitachi Accelerated Flashストレージの価格は高性能SAS HDDのコストの4倍以内に収まります。購入を検討しているユーザーにとっては、HDDの4倍のコストでフラッシュ技術を使用できるので、そのコストが10倍だった頃に比べると、移行をずっと楽に決断できるようになります。これによって、エンタープライズフラッシュ市場は再活性化し、本格的普及の生産性安定期への動きが加速することでしょう。

この製品の秘密は、日立がエンタープライズ市場のニーズを満たす目的で設計し開発した組み込みフラッシュコントローラにあります。今日まで、SSDベンダーはあらゆるフラッシュコントローラ製品をPC市場向けに設計し、それをエンタープライズ市場に活用してきました。革新的なコントローラとバックプレーン技術について高い評価を受けている日立のエンジニアリングにとって、独自のエンタープライズ向けフラッシュコントローラを構築するのは自然な流れでした。この新しいコントローラを使って私たちが解決した問題の一部や、Hitachi Accelerated Flashストレージのパッケージングについては、9月5日の投稿をご覧ください。

検索フォーム