ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

お知らせ

Impress DX Awards受賞のお知らせ

このたびKDDI「IoT世界基盤」と「日立Global Telecommunicationシリーズ」が、株式会社インプレスが主催するImpress DX AwardsのIoTプラットフォーム部門準グランプリを受賞しました。

グローバルなIoTソリューションである日立Global Telecommunicationシリーズ(日立GTシリーズ)は、世界中のさまざまなIoTプラットフォームをAPI*1を通じて柔軟に接続し、IoTプラットフォーム間の差異を吸収して統合することにより、新たな付加価値を生み出す基盤群です。グローバル環境におけるシームレスな情報収集・分析やIoTデバイスへの制御を行います。

今後は、グローバルに収集する多種多様な情報を基に、データ分析技術を適用することにより新たなソリューションを開発する支援を行い、お客さまの事業のさらなる発展に貢献していきます。

日立GTシリーズ概念図


*1
API:Application Programming Interface

特長

日立GTシリーズでIoTデバイスの一元管理を実現する日立Global Telecommunication for IoT Platform(日立GT/IoT Platform)は、グローバルにIoT事業を推進するにあたっての通信の課題を解決します。

通信回線の一元管理による管理負荷の軽減

輸出先にて、OTA*2によりSIM*3カードを差替えることなくキャリアの切り替えが可能。ローミングではなく現地の通信事業者の回線利用が可能になります。自動的に複数台を一括切り替え可能で、通信回線管理の負荷を軽減します。


課金情報管理による通信コストの見える化

リモートでキャリアを切り替えた情報を基に、課金情報を一括管理。通信コストの見える化を実現します。


ユーザ情報・権限管理による利便性の向上

キャリア別に回線の状態やユーザの利用状況を把握し、ユーザの利便性向上や利用ユーザの拡大施策を講じることが可能です。


*2
OTA : Over The Air
*3
SIM : Subscriber Identity Module
  • 記載の内容は、予告なく変更することがあります。

お問い合わせ

関連リンク