ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

テレコム

Hitachi Telecommunication 2030

Hitachi Telecommunication 2030

社会が大きく変わってゆく中で、社会インフラ基盤としての「通信」も、「さまざまなモノ・人・ビジネスをつなぐ」ことで、新しい価値を創出する役割へと進化していくと考えられます。
日立は、来る2030年の世の中における「通信の将来」と、私達が通信事業に携わるお客さまにどのようなサービス・価値をご提供できるかを考え、「2030年の通信の将来像と日立」を策定しました。

インフラサービス事業者/通信事業者向けソリューション

Hitachi Application Framework
/Event Driven Computing

Hitachi Application Framework/Event Driven Computing

大量データを高速に分散処理する、イベント駆動型のシステム開発基盤・アプリケーション実行基盤です。IoTに適したフレームワークにより、短期間でのシステム設計・開発を実現するソリューションです。

拡張型メッセージキュー
(Advanced Message Queue)

拡張型メッセージキュー(AMQ)

インメモリデータグリッド技術を活用し複数サーバにまたがるインメモリキューを分散管理することにより、突発的なトラフィックを平準化し、無停止かつ高速な大量データ処理システムを実現します。

ビジネスサポートシステム
構築支援ソリューション

ビジネスサポートシステム構築支援ソリューション

サービス申込、開通指示や契約管理、料金請求などを行うBSS*1の業務開発をモデルベースで支援し、業務処理の実行をビッグデータ分散処理技術の適用で高スループットに実現するソリューションです。

企業・団体向けソリューション

アクセス管理ソリューション

アクセス管理ソリューション

大規模システムの運用管理者がサーバへのアクセスや設定変更などを、「いつ」、「誰が」、「どのような目的で」利用したのかを、一元的に管理し不正アクセスを未然に抑止するシステムを構築します。

お問い合わせ

関連リンク