ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

車いす、白杖をご利用のお客さまをサポートする駅係員のご案内業務を、ICT技術で支援します。

移動制約者ご案内業務支援システム 概要

車いす、白杖をご利用のお客さまが鉄道をご利用する際の、受付から乗車/降車サポート実績管理といった、駅係員のご案内業務をトータルで支援します。
ホームでも入力が容易なユーザインタフェース、確実に降車駅へ伝達するためのアラート機能などを備え、サポート業務の作業負荷・ミス削減に貢献します。

移動制約者ご案内業務支援システム概要図

移動制約者ご案内業務支援システム 特徴

連絡業務がすべてスマートデバイス上で完結

駅係員がホームなどで直接入力する画面では、表示ボタンを押すだけで各項目が容易に入力でき、手書きで行っていた作業から開放されるため、お客さまとのコミュニケーションに集中できます。
連絡手順が簡略化され、関係者間でスピーディーに情報が共有できます。

1.ダイヤデータで入力を省略

列車を選択すると、車両数や列番などが自動で入力され、素早く、確実な入力をサポートします。

移動制約者ご案内業務支援システム 特徴1


2.係員全体で即座に共有

対応状況に応じた背景色で、即座にお客さま対応状況を確認。係員全体でお客さまを見守ることができます。

移動制約者ご案内業務支援システム 特徴2


3.アラームを自動設定

時間が接近するとアラームが鳴り、確実なご案内をサポートします。アラームは駅ごとに時間設定が可能です。

移動制約者ご案内業務支援システム 特徴3


*
画像ははめ込み画像です。


移動制約者ご案内業務支援システム 機能

システムの仕様
係員入力機能 受付者入力 PC/スマートデバイス
乗車ご案内担当者入力 スマートデバイス
降車ご案内通知 PC/スマートデバイス
降車ご案内担当者入力 スマートデバイス
管理者機能 ご案内履歴管理 PC

【導入事例】
西武鉄道株式会社 
「車いすご利用のお客さまご案内業務支援システム」

西武鉄道株式会社画面イメージ

今まで電話と紙で行なわれていた連絡業務をスマートデバイスに置き換えることで、駅係員の対応効率向上・ヒューマンエラー予防に貢献しました。
バリアフリー化の進展にともない、車いすや白杖をご利用のお客さまの鉄道利用数は急増しており、今後開催される国際的なイベントなどにより、更なる増加が予想されます。
鉄道事業者様のご案内業務のサービス品質維持・向上に、日立もICT技術で貢献していきます。


   
   * 画像ははめ込み画像です。

お知らせ

本システムが紹介されました

・広報誌「はいたっく」2018年6月号 Case Study掲載

・本ソリューションが2017年度グッドデザイン賞を受賞

お問い合わせ

関連リンク