ページの本文へ

Hitachi

社会情報システム

日立は、多量の文書の生成から廃棄までを『文書のライフサイクル』と捉え、トータルでサポートいたします。

  • DLCM(Data Life Cycle Management)の活用により、多量の文書を電子化保存するにあたり、データの利用価値に応じた最適ストレージ配置にて業務効率化を支援
  • 長期保障を実現するヒステリシス署名技術*1により、電子文書(法廷書面など)の改鼠防止、非改竄証明、長期保障を低運用コストで実現
    *1
    早稲田大学・横浜国立大学・東京電機大学・日立製作所にて共同開発、特許出願中

e−文書ソリューションの構成図です。

お問い合わせ

関連リンク