ページの本文へ

Hitachi

スマート情報 Intelligent Operations

ファシリティーズ

コンセプト

近年、社会インフラ施設や工場、プラント設備などの老朽化などが進展しており、維持管理・更新の費用が増大する傾向にあります。これらの課題の解決および安全性の確保のため、施設・設備のさまざま情報をM2M(Machine to Machine)なども使って収集、蓄積し、そのビッグデータ分析から現場や経営にフィードバッグする仕組みの必要性が高まってきています。
さまざまな設備・設備に関するお客さまの課題の発見、解決を日立のIntelligent Operations for Facilitiesが支援します。

■ こんなことを気にされていたり、お悩みだったりしていませんか?


階層


  • 経営層
  • チェック老朽化が進む設備の稼働率の向上を図り、ROI(投資利益率)を最大化したい
  • チェック拠点・設備の増加、複雑化により、設備管理コストが増大している
  • 管理層
  • チェックIoTの進展により取得・蓄積できるデータ量が増大しているが、効果的に利活用できていない
  • チェック予兆検知や、予防・予知保全を実現したい
  • 現場層
  • チェック保守サービス契約率の向上のため、コスト低減の必要性を感じている
  • チェック熟練技術者の退職による、ノウハウの消滅を懸念している

■ 日立内のさまざまな製品・サービスを組み合わせ、お客さまごとに最適な資産管理ソリューションを提供します。

男性


  • チェック各拠点でのエネルギー需要やさまざまな設備の稼働状況などを見える化することで、設備の運転・保全計画を最適化することができます。

女性


  • チェック重要度分類に基づいて、予防保全作業を最適化できます。
    クリティカルな機器には、稼働データからの故障予測に基づいた予知保全作業を実施することで、信頼性を向上できます。

男性


  • チェック設備の信頼性を可視化し、保全作業を優先付けることで、コスト・稼働率を意識した作業計画を最適化でき、戦略的に設備運用を管理できます。

ラインアップ

設備保全に関わるヒト・モノ・カネ・情報を総合的に管理し、最適な保守運用を実現する基盤を提供。
従来のEAMを、エンジニアリングや現場支援などの機能群で拡張。
経営層から現場まで幅広く活用できるソリューションを提供します。

Hitachi Enterprise Asset Managementの詳細につきましては、上記サイトをご覧ください。

Doctor Cloud

関連リンク

Doctor Cloudの詳細につきましては、下記のサイトをご覧ください。

施設モニタリングサービス

関連リンク

施設モニタリングサービスの詳細につきましては、下記のサイトをご覧ください。