ページの本文へ

Hitachi

スマート情報 Intelligent Operations

エネルギー

コンセプト

地球環境問題、エネルギー安定供給などを背景に、エネルギー分野では、省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの導入、電力需給調整などが課題となっています。これらの課題に応える新しい電力網として期待されているスマートグリッドの実現をめざします。
エネルギー問題の解決に、日立のIntelligent Operations for Energyが答えを出していきます。

ラインアップ

設備保全に関わるヒト・モノ・カネ・情報を総合的に管理し、最適な保守運用を実現する基盤を提供。
電力自由化に伴う既存発電設備の有効活用や、発電事業の競争激化によるコスト低減などの課題を抱えるお客さまに向けたソリューションを提供します。

Hitachi Enterprise Asset Managementの詳細につきましては、上記サイトをご覧ください。

エネルギーマネジメント

系統電力・再生可能エネルギーの組み合わせ、および電気自動車導入時の電力需要の安定化とピークカット支援を実施します。
また、HEMS(Home Energy Management System)やBEMS(Building Energy Management System)、AEMS(Area Energy Management System)などを活用した電力利用の見える化と、節電方法の推奨を行います。

映像による日立グループの取り組みのご紹介

Hitachi Bland Channel(You Tube)の動画をご覧ください。

スマートシティ
youtube
新規ウィンドウが表示されます。

スマートシティ実現に向けた
日立の取り組み

youtube
新規ウィンドウが表示されます。

日立のスマートシティ・インフラ
(エネルギー編)

youtube
新規ウィンドウが表示されます。