ページの本文へ

Hitachi

日立サーバ & ソリューション

サポート切れ間近のWindows Server® 2003。
短期間・低コストの暫定対策で、時間を味方に。

2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server® 2003/2003 R2。サポート終了まで残すところ数カ月に迫り、OSの脆弱性対策や老朽化したサーバの延長保守の問題で悩んでいらっしゃる企業も多いのではないでしょうか。日立システムズのアプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービスは、これらの2つの課題を同時に解決するソリューションです。最小・基本・冗長の選べる3つのセットにより、短期間かつ低コストで導入でき、Windows Server® 2003の暫定対策としておすすめです。

サポート終了後に残る15万台のサーバ

写真:株式会社 日立システムズ 社会情報サービス事業部 社会システム第一本部 第三システム部 共通インフラ設計グループ 技師 原橋 篤史氏 株式会社 日立システムズ
社会情報サービス事業部
社会システム第一本部 第三システム部
共通インフラ設計グループ 技師
原橋 篤史氏

IDCジャパン株式会社の調査*によると、2014年末のWindows Server® 2003採用x86サーバの設置台数は、21万台になる見込みです。2014年10月に実施したユーザ調査では、「サポート終了後もWindows Server® 2003を使い続ける」が2割近くを占めています。
つまりこのまま行くと、マイクロソフトのセキュリティパッチが提供されなくなり、未対策の深刻な脆弱性をたくさん抱えたWindows Server® 2003サーバが相当な台数稼働し続けることになります。しかし、サポート終了が数カ月に迫った今、これからバージョンアップを計画し、実行するにはとても時間が足りません。日立システムズのシステムエンジニアである原橋 篤史氏は「規模が大きくなると、バージョンアップで数千万円かかることもあり、残り数カ月で予算立てするのは難しく、悩んでいる企業さまが多くいらっしゃいます」と言います。また、これらの企業はOS脆弱性の問題と同時に、老朽化した物理サーバの保守切れの問題も抱えています。サーバが壊れてもメンテナンスすることができず、今後は旧OSが動作するサーバは入手困難になります。これら2つの問題を同時に解決するソリューションが求められているのです。そこで日立システムズが提供するのが、アプライアンスサーバー型Windows Server 2003 保護サービスです。

*
出典:IDC Japanプレスリリース「国内Windows Server 2003 サポート終了対応に関する調査結果を発表」

サポート終了後の2つの問題を同時に解決

写真:株式会社 日立システムズ 社会情報サービス事業部 社会システム第一本部 第三システム部 担当部長 山下 雅史氏 株式会社 日立システムズ
社会情報サービス事業部
社会システム第一本部 第三システム部
担当部長
山下 雅史氏

本サービスは、日立アドバンストサーバHA8000にVMware®による仮想環境を構築、管理サーバにTrend Micro Deep Securityを搭載し、各種ライセンスや保守サポートをセット化して提供するものです。OSの脆弱性対策には、Deep Securityの仮想パッチ機能を利用。物理サーバの保守切れには、既存のWindows Server® 2003環境をHA8000にP2V移行することで対応します。Deep Securityの仮想パッチ機能は、マイクロソフト社のセキュリティパッチとは異なり、OS自体を修正するのではなく、セキュリティホールを狙う攻撃パターンを検知して、その通信を遮断する機能です。パッチ適用時にサーバの再起動が不要になるメリットがあります。原橋氏は「パッチ適用が容易になり、問題が起きたらすぐに適用解除できるため、これまでトラブルが不安でパッチ適用を行ってこなかったお客さまも手軽に適用でき、セキュリティ向上につながります」と説明します。
また、短期間で導入できるのも本ソリューションのメリットです。通常は要件定義や見積りに1カ月かかり、受注から導入までに3カ月弱を要していましたが、最小・基本・冗長の3つのセットモデルを用意し、見積りを簡略化することで、およそ半分の期間で導入いただけます。「年度末に予算が余った場合でもすぐ導入いただけるので、暫定対策として検討されてはいかがでしょうか。仮想パッチは2017年末まで提供されるので、バージョンアップを行う期間的な余裕が生まれます」と日立システムズの担当部長の山下 雅史氏。サポート終了までに30カ月の猶予が生まれ、その間にバージョンアップを計画・実行できる時間を味方にするソリューションです。

P2V:Physical to Virtual

サービス提供イメージ

信頼性があるから実現できたコストダウン

Windows Server® 2003を3台まで搭載可能な最小セット(198万円*)、20台まで搭載可能な基本セット(298万円*)、40台まで搭載可能な冗長セット(698万円*)を用意。最小セットと基本セットはシングルサーバ構成になっており、冗長セットはサーバ2台とストレージを追加した冗長化構成となっています。各種ライセンスとハードウェア一式、3年保守、基本セットアップサービスおよび運用マニュアルが標準セットとなっています。「ここまで価格を抑えられたのは、トレンドマイクロ社と特別なライセンス契約を結び、高信頼な日立サーバを活用してシングルサーバ構成を実現できたからだと思います」と原橋氏。仮想マシン単位で課金する従来方式ではなく、CPUライセンス契約により仮想マシン無制限で利用できます。さらに、信頼性に定評がある日立アドバンストサーバHA8000とあわせて、日立システムズからハードウェア保守サポートを一括提供することで、シングルサーバ構成でも安心してご利用いただけるようになりました。
オプションサービスとしては、お客さまに代わり既存の物理サーバ(Windows Server® 2003)を仮想環境に移行するP2Vオプションや、VMwareやDeep Securityなどの問い合わせ窓口を一本化する問い合わせサポートオプション、セキュリティをさらに高めたいお客さま向けの標的型攻撃対策オプション、仮想化に対応したバックアップオプションなどを豊富に用意しています。そして、山下氏はWindows Server® 2003サポート終了後も見据えています。「本ソリューションは、Windows Server® 2012をライセンス提供しており、仮想パッチはさまざまなOSに対応しています。5年後のWindows Server® 2008のサポート終了対策にも活用できるため、お客さまシステムのライフサイクルに柔軟に対応できるのです」(山下氏)。

*
価格は税抜き表示です。オプションの追加によって価格は変動します。

図:信頼性があるから実現できたコストダウン
画像を拡大する

Windows Server 2003 保護サービス 適用事例
画像を拡大する

  • Trend Micro Deep Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
  • VMware、VMware vSphereは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
  • Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • 本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
  • 記載されている製品情報は、製品の改良により予告無く変更されることがあります。
  • 発言者の部署名/役職名等は、2014年12月時点の情報です。