ページの本文へ

Hitachi

日立サーバ & ソリューション

大規模で複雑な輸配送業務にもきめ細かく柔軟に対応。
単なる効率化を越えた“業務改革”までトータルサポート。

深刻なドライバー不足や燃料費の高騰などを背景に、より一層のコストダウンと業務効率化が喫緊の経営課題となっている昨今の物流業界。運賃引き下げ要求への対応にももはや限界が迫りつつある中、限られた人員や車両でいかに効率よく輸配送業務を実現するか―業界各社が頭を悩ませるこうした問題に、“スケーラビリティ”と“きめ細やかさ”という両極から応えているのが、日立産業制御ソリューションズの輸配送計画支援システム「NEUPLANET®(ニュープラネット)」シリーズです。その力は、日々の輸配送業務を単に効率化するだけにとどまらず、抜本的な業務改革を通じた全社的な経営体質強化の原動力となっています。

  • GrowOne Cube:GrowOne Customer Business Equipment

広域エリアでの複雑な輸配送業務にも対応できるスケーラビリティ

写真:株式会社 日立産業制御ソリューションズ 営業本部 産業ソリューション第一営業部 部長代理 大畠 浩嗣氏 株式会社 日立産業制御ソリューションズ
営業本部
産業ソリューション第一営業部
部長代理
大畠 浩嗣氏

意思決定の迅速化や業務の整流化、リソース集約による競争力強化などを目的に、日立製作所インフラシステム社の産業プラント・ソリューション分野とそれに関連するグループ会社5社の統合によって2014年4月に発足した日立産業制御ソリューションズ。1994年にリリースされた「NEUPLANET®シリーズ」は、これまで主に石油や食品、化学、電機・機械関連といった企業の物流子会社など計70社あまりに導入され、顧客から高い評価を集めてきた輸配送計画支援システムです。20年間におよぶ経験と実績の中で蓄積した膨大なノウハウが投入されたこの製品の大きな特長は、大規模で複雑な輸配送業務にも対応できる適用範囲の広さだといいます。「他社の競合製品の適用範囲が1つの物流センターを核にした限られたエリア内への輸配送業務に限定されているものが多いのに対して、NEUPLANET®シリーズなら配送エリアが広がって複数の物流センター間で車両の乗り入れが生じたり、数日に跨った計画を立案するような複雑なケースにも対応できる。これは最大の強みと言えるかもしれません」と説明するのは同社営業本部の大畠浩嗣氏。対応可能な車両台数も2、30台程度から、マンパワーでの配車計画が到底不可能な数百台規模までと極めて高度なスケーラビリティを誇っています。

イメージ:「NEUPLANET<sup>®</sup>シリーズ」システム構成イメージ
画像を拡大する

さまざまなニーズにも柔軟かつきめ細やかに応える高度な機能性

写真:株式会社 日立産業制御ソリューションズ 産業情報本部 産業情報第一設計部 第一グループ 主任技師 河村 慶太郎氏 株式会社 日立産業制御ソリューションズ
産業情報本部
産業情報第一設計部 第一グループ
主任技師
河村 慶太郎氏

こうした優れたスケーラビリティという“量”の面とともに、NEUPLANET®シリーズは、幅広いニーズへのきめ細やかで柔軟な対応力という“質”の面でも確かな優位性を備えていると話すのは開発を担当している河村氏です。「NEUPLANET®シリーズはパッケージ製品でありながら、豊富なパラメータ調整機能によってお客さまの業務やニーズに最適化された設定が可能です。これにより、荷積みや荷卸を複雑に組み合わせた多様な輸配送形態や各種制約条件にもフレキシブルに対応できます(河村氏)。また現在、物流業界はコストダウンだけでなく環境配慮やコンプライアンスといったさまざまな課題にも対応することを迫られていますが、「コスト」「稼働時間」「CO2排出量」の最小化など、さまざまな「目的関数」を選択・設定できる点もNEUPLANET®シリーズの大きな強み。新たな目的関数も自由に設定できるため、顧客の要望を的確に反映した輸配送計画の立案やシミュレーションが可能です。

高信頼な日立サーバと確かなサポート体制の安心感

顧客が既存ハードウェアを使用するケースを除いて、NEUPLANET®シリーズは日立アドバンストサーバ「HA8000」を核としたシステムとして提供されています。「有事の際の一次受付は当社で対応するため、ハードウェア面でやはり最も重視しているのは信頼性と保守性です。ただしHA8000に関して言えば、お客さまから何かトラブルが起きたという話はこれまでほとんどありませんね」(大畠氏)。さらに、長期利用が前提となる産業用システムであるがゆえに、新たに最長10年間のハードウェア保守にも対応するようになったHA8000は、NEUPLANET®シリーズと極めて親和性の高いサーバだと大畠氏は評します。近年は、日立製作所とのHA8000に関する密な情報連携を図ったり、日立製作所のコンサルティングチームと共同で顧客の業務改革をより上流工程から支援するなど、日立グループとしての連携強化にも注力している日立産業制御ソリューションズ。「今後はリアルタイムの交通情報や実績値をうまく取り込んで、システムとしてより一層の高精度化を追求したいですね」(河村氏)というNEUPLANET®シリーズのさらなる進化を、日立サーバとサポート力がこれからも支え続けていきます。

NEUPLANET® 導入事例
画像を拡大する

  • NEUPLANETは、株式会社 日立産業制御ソリューションズの登録商標です。
  • 本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
  • 記載されている製品情報は、製品の改良により予告無く変更されることがあります。
  • 発言者の部署名/役職名等は、2014 年12月時点の情報です。