Hitachi

Update Managerサービス停止のお願い

Hitachi Server Navigator - Update Manager/Log Collect 障害回避・予防のお願い

対象製品

対象製品 対象コンポーネント 対象バージョン 対策バージョン 提供パッケージバージョン
Hitachi Server Navigator - Update Manager/Log Collect (Windows版) Update Manager 1.4.3.2〜1.4.5.2 1.4.5.4 以降 1.4.5.4 以降

<<バージョン確認方法>>

  • Hitachi Server Navigator - Update Manager/Log Collect (Windows版)
  • 下記サイトより、
    「Hitachi Server Navigator ユーザーズガイド Update Manager 機能 Log Collect 機能」
    -「GUI操作の説明(Windows)」-「バージョン確認方法」
    を参照してください。


<<対策バージョンの入手、適用方法>>

下記サイトより、最新版をダウンロードして、
ダウンロードページに記載の手順にて、適用してください。


関連製品

ありません。

重要性 *1

発生条件

以下OSへUpdate Managerを導入し、「updatemanagerservice」サービス稼働中に発生します。

対象OS Windows Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2008 R2

現象

Windows Server® の継続動作によりUpdate Managerで使用しているメモリとハンドルのリークが発生します。
- メモリ :25KB/秒(約2GB/24時間)
- ハンドル : 1つ/秒

<<影響範囲>>
メモリは約2GB/24時間で消費されるため、メモリ枯渇が発生しシステム動作が不安定(OSの動作が遅くなる、ハングアップが発生するなど)になります。
ハンドル数は、約190日でWindowsの1プロセスあたりの上限である16711680個に達します。

<<リークの確認手段>>
Ctrl + Shift + Esc キーを押し、タスクマネージャを起動します。
詳細タブで「名前」、「PID」等が表示されている行(下図赤枠部分)を右クリックし、「列の選択」を開いてください。
※Windows2008R2の場合はプロセスタブで「表示」 - 「列の選択」を開いてください。

image6

"ハンドル"をチェックしてください。

image1

「updatemanagerservice.exe」のハンドルが1秒毎に1つずつ増えていればハンドルリークが発生しています。
※ハンドルリークが確認できれば本不具合が発生しており、メモリ―リークも発生していると判断してください。

image2

現象発生時の回復及び回避策

「updatemanagerservice」サービスを停止してください。サービス停止により、リークしていたメモリ及びハンドルが解放されます。 (サービスの起動と停止にはOSの再起動は必要ありません。)。


<<手順>>

「管理ツール」-「サービス」を開き、一覧からupdatemanagerserviceを選択し、マウス右クリックメニューで「停止」を選択します。

image3

updatemanagerservicveを選択したままで、マウス右クリックメニューから「プロパティ」を選択します。


image4

「全般」タブの「スタートアップの種類(E):」プルダウンリストから「手動」を選択後、「適用」ボタンを押下して下さい。 タスクマネージャ上からupdatemanagerserviceのサービス名が消えていれば、回避策は正常に適用されています。
「手動」に設定しない場合、OS起動時に自動でサービスが起動してしまうため、「手動」への変更も必ず実施してください。


image5

<<影響範囲>>
・管理対象デバイス/ツールの更新データのダウンロード機能、アップデート機能が使用できなくなります。
・ Alive Monitor 機能に関する設定ができなくなります。
上記機能を使用する場合は、「updatemanagerservice」サービスを一時的に起動し、上記機能を使用したのち再度サービスを停止してください。

備考

システムリソース圧迫により、サービス一覧画面が操作できない場合は、OSを再起動した後に、回復策を実行してください。