Hitachi

Hitachi RAID Navigator(HRN)監視サービスが不正終了する

Hitachi Server Navigator - Hitachi RAID Navigator 障害回避・予防のお願い

対象製品

対象製品 対象コンポー
ネント
対象バージョン 対策バージョン 提供パッケージ
バージョン
Hitachi Server Navigator –
Hitachi RAID Navigator
(Windows版)
- 1.7.0.7〜
1.8.0.1

1.9.0.1

Hitachi Server Navigator –
Hitachi RAID Navigator
(RHEL版)
- 2.7.0.6〜
2.8.0.1

2.9.0.1

<<バージョン確認方法>>

下記サイトより、
「Hitachi Server Navigator ユーザーズガイド RAID管理機能」
-「Hitachi RAID Navigatorの機能一覧」-「バージョン表示」を参照してください。

<<対策バージョンの入手、適用方法>>

下記サイトより、最新版をダウンロードして、
ダウンロードページに記載の手順にて、適用してください。 http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/portal/pcserver/hsn/#04

関連製品

ありません。

重要性 *1

発生条件

次の条件のすべてに該当する場合に、本現象が発生します。

  • HRNバージョンがx.7.0.6〜x.8.0.1のとき
  • HRN監視サービス起動後、最短1日(24時間)以上経過したとき
  • 次の対象装置および対象OSである
対象装置
(装置添付の場合)
HA8000xNモデル
(2014年9月モデル)
RS210(AN,BN),RS220(AN,BN)
BladeSymphony BS2500 標準サーバブレード(xHC0A1)
高性能サーバブレード(xHE0A1,xHE0E1)
BladeSymphony BS500 BS520Aサーバブレード(xGB0A1)
BS520Hサーバブレード
(xGC0A1,xGC0B1,xGC0A2,xGC0B2,xGC0B3)
BS540Aサーバブレード(xGD0A1,xGD0B1)
BS520Xサーバブレード(xGE0B1)
BS500ストレージ拡張ブレード
BladeSymphony BS2000 標準サーバブレード(xE55A1,xE55A2,xE55R3,xE55S3,xE55R4,xE55S4)
高性能サーバブレード(xE57x1,xE57x2)
HA8000-bd BD10x3
対象装置
(Webサイトからダウンロードした場合のみ)
HA8000xNモデル
(2014年9月モデル)
RS210(AN,BN), RS220(AN,BN)
HA8000xMモデル
(2014年6月モデル)
RS440(AM)
HA8000xM1モデル
(2014年6月モデル)
RS110(AM1,BM1,CM1,EM1), TS10(AM1,BM1,CM1,EM1)
HA8000xM2モデル
(2014年1月モデル)
RS220(AM2), RS220-s(SM2,TM2), RS210(AM2,BM2)
RS110-h(HM2,KM2), TS20(AM2,CM2), TS10-h(HM2,KM2)
HA8000xM2モデル
(2013年9月モデル)
RS210-h(HM2,LM2,JM2), RS220-h(HM2,LM2,JM2)
HA8000xMモデル
(2013年6月モデル)
RS110(AM,BM,CM,EM), TS10(AM,BM,CM,EM)
HA8000xL2モデル
(2012年11月モデル)
RS440(AL2),RS110(AL2,BL2,CL2,EL2,GL2)
TS10(AL2,BL2,CL2,EL2,GL2,HL2)
SS10(AL2,CL2,EL2)
HA8000xM1モデル
(2012年11月モデル)
RS220-h(HM1,JM1,KM1,LM1)
RS210-h(HM1,JM1,KM1,LM1)
RS220(AM1,CM1,DM1)
RS220-s(SM1,TM1,UM1,VM1)
RS210(AM1,BM1,CM1,DM1,EM1)
RS110-h(HM1,KM1,LM1,MM1)
TS20(AM1,BM1,CM1,DM1,EM1,FM1)
TS10-h(HM1,JM1,KM1,LM1,MM1)
HA8000xMモデル
(2012年4月モデル)
RS220-h(HM,JM,KM)
RS210-h(HM,JM,KM)
RS220(AM,CM,DM)
RS220-s(SM,TM,UM,VM)
RS210(AM,BM,CM,DM,EM)
RS110-h(HM,KM,LM,MM)
TS20(AM,BM,CM,DM,EM,FM)
TS10-h(HM,JM,KM,LM,MM)
HA8000xL1モデル
(2012年2月モデル)

RS440(AL1,CL1)
RS110(AL1,BL1,CL1,EL1,GL1)
TS10(AL1,BL1,CL1,EL1,GL1)
SS10(AL1,CL1,EL1)
BladeSymphony BS2500 標準サーバブレード(xHC0A1)
高性能サーバブレード(xHE0A1,xHE0E1)
BladeSymphony BS500 BS520Aサーバブレード(xGB0A1)
BS520Hサーバブレード
(xGC0A1,xGC0B1,xGC0A2,xGC0B2,xGC0B3)
BS540Aサーバブレード(xGD0A1,xGD0B1)
BS520Xサーバブレード(xGE0B1)
BS500ストレージ拡張ブレード
BladeSymphony BS2000 標準サーバブレード (xE55R3,xE55R4)
高性能サーバブレード (xE57x2)
BladeSymphony BS320 BS320 サーバブレード(C51A6,C51R6,C51H6)
HA8000-bd BD10x2, BD10x3
対象OS Windows Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 x64 Enterprise 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 x64 Standard 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 x64 Datacenter 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 Datacenter 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise without Hyper-V 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard without Hyper-V 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2008 Datacenter without Hyper-V 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Enterprise Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Standard Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Enterprise x64 Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Standard x64 Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003, Standard Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition 日本語版
Microsoft® Windows Server® 2003, Standard x64 Edition 日本語版
Linux Red Hat® Enterprise Linux® Server 6.6
Red Hat® Enterprise Linux® Server 6.5
Red Hat® Enterprise Linux® Server 6.4
Red Hat® Enterprise Linux® Server 6.2
Red Hat® Enterprise Linux® 5.9
Red Hat® Enterprise Linux® 5.7
Red Hat® Enterprise Linux® 5.6

現象

HRN監視サービスが不正終了し、OSイベントログにアプリケーションエラーが登録されます。
または、HRNトレースログにエラーが登録されます。

  • 【Windowsの場合】OSイベントログ(アプリケーション)

図1

  • 【Linuxの場合】HRNトレースログ(hrnservice.log)*1

     [2015/01/18 17:19:35.368] pid=02738 traidsrv.c(9394) HLGetSSDWriteInfo failed. rcode=129

     [2015/01/18 17:19:35.368] pid=02738 traidsrv.c(3067) CheckWriteCapa failed. rtn = 1

*1) HRNトレースログは以下に格納されています。

      HRNトレース情報格納ディレクトリ:/opt/hitachi/hrn/log/

<<影響範囲>>

HRN監視サービスが停止し、RAID/HDDの障害監視やSSD予兆監視ができなくなります。

発生時の対処方法(回復策)

HRN監視サービスを再開してください。

<<監視サービスの再開>>

  • 【Windowsの場合】

     サービスマネージャ画面で「hrnservice」サービスで「開始」を選択する。

  • 【Linuxの場合】

     serviceコマンドを使用し「hrnservice」サービスのrestartを実施する。
     (startでは回復できません。必ずrestartを実行してください)

       例) service hrnservice restart

             Shutting down hrnservice:  [失敗]

             Starting hrnservice:           [  OK  ]

          [失敗]と表示されますが、問題ありません。

<<回復後の確認>>

  • 【Windowsの場合】

     サービスマネージャ画面で「hrnservice」サービスの状態を確認する。

  • 【Linuxの場合】

     serviceコマンドを使用し「hrnservice」サービスのstatusを確認する。

       例) service hrnservice status

対象バージョンでの回避策

回避策はありません。対象製品のアップデートを実施してください。