本文へジャンプ

Hitachi

日立サーバ周辺機器

エントリークラスディスクアレイ装置

画像:エントリークラスディスクアレイ装置

部門規模のデータベースシステムやPCサーバ統合などに適したディスクアレイ装置「BRシリーズ」をラインアップ。SASインタフェースを搭載した「BR1200」と、ファイバチャネル/iSCSIインタフェースを搭載した「BR1600シリーズ」で、多様なニーズに応じたストレージソリューションをご提供します。

テープライブラリ装置

画像:テープライブラリ装置

インターネット利用の普及・拡大などにより、サーバ上に存在するデータやプログラムは、経営資産としての重要度がきわめて高くなっています。「テープライブラリ装置」は、この大切な“情報”をハードウェアやソフトウェアの障害、地震や停電などの災害、操作ミスによる消失などの危険から守り、データ消失による業務停止、データ復旧コストの発生などを防ぎます。マルチプラットフォーム環境、スモールオフィスからデータセンタまで、システム規模に応じたバックアップシステムを提供します。

UPS

画像:UPS

停電や瞬断が発生した場合、設備電源からバッテリーに切り替えることで電力の供給を継続し、急なシステムダウンの発生を予防します。オプションのUPS拡張ボード、UPS管理ソフトウェアを利用することにより、複数台のサーバに対し電源を管理でき、運用管理の省力化が可能です。

ロードバランサ

画像:ロードバランサ

マルチプロセッシングを実現する独自OSにより、優れたL4/L7/SSLパフォーマンスを実現します。また、単一ネットワークセグメントでの冗長構成にも対応しており、多様なネットワーク構成に適用できます。ハードウェアはSSDの採用により信頼性を向上しています。また、業界標準CLIと日本語対応GUIの実装により、高い操作性と運用性を提供します。