本文へジャンプ

Hitachi

日立アドバンストサーバ HA8500/9000Vシリーズ

日立からの提案

IT投資の効果を最大化するために

画像 日立からの提案

「IT化の投資効果が見えない」 なぜIT投資に対するリターンが期待通りに得られないのか? 統計によれば、こう感じているマネージャが少なくありません。ここでは、IT部門のマネジメントに携わる方々に向けて、検討すべき課題に対する日立なりの考えをご提案します。

64ビットサーバの利用用途

64ビットプロセッサーのインテル® Itanium® プロセッサーでは1ペタ(10の15乗)バイトの最大物理メモリをアクセスできるなど大規模・大容量のデータ処理が可能になります。特にDB処理やデータマイニングなど大量データの高速処理が必要な業務に最適です。

64ビットサーバ導入のメリット

大容量のメモリを生かしたDBのインコア処理や、浮動小数点演算能力を生かした科学技術計算などの高速化を実現します。また、パーティション機能を活用し本番環境と開発環境を同一サーバ上に構築するなど、サーバ統合、運用・管理の一元化などTCOの削減も図れます。

TCO:Total Cost of Ownership

64ビットプロセッサー環境への移行をどう考えるべきか?

64ビットプロセッサー搭載サーバは大きな性能向上や容量アップが期待できる一方、動作アプリケーションや、移行・検証が必要になることを意識しなければなりません。
このため、プロセッサーのアーキテクチャ別特性やシステムの特性を生かしたシステム構築が必要になります。