本文へジャンプ

Hitachi

日立アドバンストサーバ HA8500/9000Vシリーズ

インテル® Itanium® プロセッサー

インテル® Itanium® プロセッサーは、HPとインテルが共同で開発したEPICアーキテクチャを
実装した64ビットプロセッサーです。
インテル® Itanium® プロセッサー9700製品ファミリーは、従来の特徴である高信頼化・高可用化機能を継承しています。

サーバ仮想化技術

HP-UXではVirtual Server Environment(VSE)というフレームワークで、サーバ仮想化を効果的に実現する製品群を体系化しています。

  • リソースを動的に再配分する「ワークロード管理製品、仮想化管理ツール」
  • それぞれに独立したOSやアプリケーションを動作させる「パーティショニング」機能
  • 必要なときにリソースを追加する「ユーティリティ・プライシング」

信頼性・可用性・保守性(RAS)技術

サーバのネットワーク接続やストレージ接続を仮想化するI/O仮想化テクノロジーをバーチャルコネクトを用いて提供します。

I/Oインタフェース技術

PCI-Express

ファイバチャネルや10Gb イーサネットなどサーバを取り巻くI/Oデバイスは、より高速化・複雑化しています。
PCI-Expressは、今後さらなる高速化が予測されるI/O周辺機器も考慮された、拡張性・柔軟性のある シリアルバスインターフェースです。

Serial Attached SCSI(SAS)

従来のSCSIで採用されてきたパラレル転送方式に比べ、より高精度な転送を可能にする高速シリアル転送方式を採用。単一の信号線を用いることで、信号の伝わり方の差をなくし、高クロック周波数での高速転送を実現しています。

テクノロジーコラム

「テクノロジーコラム」では、仮想化やセキュリティなどHP-UXを使いこなす上での新たな機能や、初心者でも理解できる技術情報を数回に渡ってご紹介していきます。