本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ AP8800E

株式会社日立製作所は、このたび、長年、企業・団体の基幹業務を担ってきた重要なソフトウェア資産を継承するとともに、IoT を活用したデジタライゼーションにも対応する新しいメインフレーム環境を、2018年度より提供開始します。

今回、新メインフレーム環境の提供にあたり、ハードウェア開発の効率化を目的に、日本アイ・ビー・エム株式会社と、グローバルに競争力の高いIBMメインフレーム製品のハードウェアに関する協業について合意し、高性能なIBMハードウェアをベースとした日立仕様のメインフレームの提供を行います。

今後も、日立は、TCO削減につながる機能やサービスを強化し、日立グループによるお客さまのシステムのサポートを継続的に行っていきます。

さらに、ワンストップでメインフレーム上の基幹系データと、クラウドやオープンシステム上のデータを効果的に組み合わせ、Lumada の提供するデジタル技術と連携させるなど、お客さまの資産と先端技術やオープンイノベーションの成果をつなぎ、ビジネスの成長やプロセス最適化を実現するデジタルソリューションの創出を支援します。

新メインフレームの製品仕様、販売開始時期については、製品発表時(2018年度以降)に公開を予定しております。