本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ AP8800E

従来モデルのご案内

ハードウェア基本仕様:AP8800

レギュラータイプ

モ デ ル 100、120、140、150、160
170、180、190、1A0
命令プロセッサ(IP)数 1
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 32GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜256
ILA2(内数) 0〜64
データ圧縮機構 標準
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構
キャパシティオンデマンド 付加機構*3
プロセッサ資源分割管理機構 標準
消費電力*4 運用時 1.9kW
最大 2.6kW
省エネ法に基づく表示
(2011年度規定)
区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -

ハイエンドタイプ

モ デ ル 260、270、280、290、2A0
命令プロセッサ(IP)数 2
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜256
ILA2(内数) 0〜64
データ圧縮機構 標準
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構
キャパシティオンデマンド 付加機構*3
プロセッサ資源分割管理機構 標準
消費電力*4 運用時 3.4kW
最大 5.0kW
省エネ法に基づく表示
(2011年度規定)
区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
モ デ ル 3A0 4A0 5A0 6A0 7A0 8A0
命令プロセッサ(IP)数 3 4 5 6 7 8
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜256
ILA2(内数) 0〜64
データ圧縮機構 標準
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構 -
キャパシティオンデマンド 付加機構*3
プロセッサ資源分割管理機構 標準
消費電力*4 運用時 3.4kW
最大 5.0kW
省エネ法に基づく表示
(2011年度規定)
区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
*1
記憶装置容量は、1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトとして計算した値です。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能(GTOPS)で除したものです。
*3
レギュラータイプのキャパシティオンデマンドの対象はIPおよびAC、ハイエンドタイプのキャパシティオンデマンドの対象はIP、ACおよびMSとなります。ただし、モデル8A0はMSのみ対象となります。
*4
基本筐体での最大構成時。
記載されている仕様は、製品の改良により予告無く変更になることがあります。

ハードウェア基本仕様:AP8000EX

レギュラータイプ

モ デ ル 100EX、120EX、140EX、150EX、160EX
170EX、180EX、190EX、1A0EX
命令プロセッサ(IP)数 1
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 32GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜144
ILA2(内数) 0〜64
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構(ICF) 付加機構
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構
キャパシティオンデマンド IP、MS、AC
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示
(2007年度規定)
区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -

ハイエンドタイプ

モ デ ル 260EX、270EX、280EX、290EX、2A0EX
命令プロセッサ(IP)数 2
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜144
ILA2(内数) 0〜64
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構(ICF) 付加機構
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構*3
キャパシティオンデマンド IP、MS、AC
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示
(2007年度規定)
区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
モ デ ル 3A0EX 4A0EX 5A0EX 6A0EX 7A0EX 8A0EX
命令プロセッサ(IP)数 3 4 5 6 7 8
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜144
ILA2(内数) 0〜64
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構(ICF) 付加機構
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構*3 -
キャパシティオンデマンド IP、MS MS
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示
(2007年度規定)
区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
*1
記憶装置容量は、1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトとして計算した値です。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。
*3
モデル3A0EX〜7A0EXのアクセラレートプロセッサ搭載は個別対応です。

ハードウェア基本仕様:AP8000E エンハンスモデル

モ デ ル 100E、120E、140E、150E、160E、
170E、180E、190E、1A0E
命令プロセッサ(IP)数 1
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 32GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネルデータ 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜144
ILA2(内数) 0〜64*3
システム結合チャネル(内数) 0〜32
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構(ICF) 付加機構
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構
キャパシティオンデマンド IP、MS、Linux-IP、Linux-MS、AC
Linux専用機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
モ デ ル 260E、270E、280E、290E、2A0E
命令プロセッサ(IP)数 2
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネルデータ 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜144
ILA2(内数) 0〜64*3
システム結合チャネル(内数) 0〜32
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構(ICF) 付加機構
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構
キャパシティオンデマンド IP、MS、Linux-IP、Linux-MS、AC
Linux専用機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
モ デ ル 310E 410E 510E 610E 710E 810E
命令プロセッサ(IP)数 3 4 5 6 7 8
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 最大記憶容量 64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネルデータ 合計チャネル数 0〜512
パラレルチャネル(内数) 0〜192
ACONARCチャネル(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜144
ILA2(内数) 0〜64*3
システム結合
チャネル(内数)
0〜32
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構(ICF) 付加機構
アクセラレートプロセッサ(AC) 付加機構*4
キャパシティオンデマンド IP、MS、Linux-IP、Linux-MS
Linux専用機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトです。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。
*3
標準時0〜32、ILA2搭載台数拡張機構(付加機構)の搭載時に0〜64となります。
*4
モデル310E〜810Eのアクセラレートプロセッサ搭載は個別対応です。

ハードウェア基本仕様:AP8000 VOS3モデル

モ デ ル 100、110
120、140
150、160
170、180
210 310
命令プロセッサ台数 1 1 2 3
キャパシティリザーブモデル 無し 有り
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 2〜16GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜4
チャネル チャネル数(合計) 0〜256
パラレルチャネル数(内数) 0〜96
ACONARCチャネル数(内数) 0〜256
FIBARCチャネル(内数) 0〜36
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜16
システム結合チャネル(内数) 0〜16
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構 付加機構
Linux専用機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 11
モ デ ル 185 215 315 415
命令プロセッサ台数 1 2 3 4
キャパシティリザーブモデル 有り
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 2〜64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル チャネル数(合計) 0〜512
パラレルチャネル数(内数) 0〜192
ACONARCチャネル数(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜72
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜32
システム結合チャネル(内数) 0〜32
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構 付加機構
Linux専用機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
モ デ ル 515 615 715 815
命令プロセッサ台数 5 6 7 8
キャパシティリザーブモデル 有り
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 2〜64GB
増設単位 512MB
入出力プロセッサ (IOP)数 1〜8
チャネル チャネル数(合計) 0〜512
パラレルチャネル数(内数) 0〜192
ACONARCチャネル数(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜72
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜32
システム結合チャネル(内数) 0〜32
データ圧縮機構 標準
内蔵暗号機構 付加機構
Linux専用機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトです。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。

ハードウェア基本仕様:AP8000 VOS1/LSモデル

モ デ ル 100V、110V、120V、140V、150V
命令プロセッサ台数 1
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 主記憶容量 512MB〜768MB
増設単位 256MB
入出力プロセッサ数 1
チャネル チャネル数(合計) 8〜16
パラレルチャネル数(内数) 4〜15
ACONARCチャネル数(内数) 4〜15
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜3
RDBパラレル機構 付加機構
プロセッサ資源分割管理機構 標準
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 11
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイトです。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。

ハードウェア基本仕様:MP6000

モ デ ル 160 180 200 210 310
命令プロセッサ数 1 1 2 2 3
記憶装置*1 記憶容量(合計) 512MB〜32GB
主記憶容量(内数) 512MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜32GB
増設単位 256MB(3GB以下)、
512MB(8GB以下)、
2GB(8GB超)
入出力プロセッサ数 2〜8
チャネル チャネル数(合計) 最大512
パラレルチャネル数(内数) 0〜192
ACONARCチャネル数(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜72
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜32
システム結合チャネル(内数) 0〜32
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
内蔵暗号機構 付加機構
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
モ デ ル 410 510 610 710 810
命令プロセッサ台数 4 5 6 7 8
記憶装置*1 記憶容量(合計) 512MB〜32GB
主記憶容量(内数) 512MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜32GB
増設単位 256MB(3GB以下)、
512MB(8GB以下)、
2GB(8GB超)
入出力プロセッサ数 2〜8
チャネル チャネル数(合計) 最大512
パラレルチャネル数(内数) 0〜192
ACONARCチャネル数(内数) 0〜512
FIBARCチャネル(内数) 0〜72
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜32
システム結合チャネル(内数) 0〜32
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 標準
内蔵暗号機構 付加機構
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 区分外
エネルギー消費効率*2 -
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトです。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。

ハードウェア基本仕様:MP5600EX

モ デ ル 100EX 120EX 140EX 160EX 180EX
命令プロセッサ台数 1 1 1 1 1
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 256MB〜16GB
主記憶容量(内数) 256MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜16,128MB
増設単位 128/256/512/2,048MB
入出力プロセッサ数 1〜4
チャネル チャネル数(合計) 8〜256
パラレルチャネル数(内数) 8〜96
ACONARCチャネル数(内数) 0〜248
FIBARCチャネル(内数) 0〜36
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜16
システム結合チャネル(内数) 0〜16
データ圧縮機構 標準
内蔵ディスク装置   付加機構
エミュレーションタイプ(容量) H-6587/88-3(最大1,121GB)
H-6586-K(最大968GB)
内蔵暗号機構 付加機構
浮動小数点拡張機能 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 16
モ デ ル 200EX 210EX 310EX 410EX
命令プロセッサ台数 2 2 3 4
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 256MB〜16GB
主記憶容量(内数) 256MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜16,128MB
増設単位 128/256/512/2,048MB
入出力プロセッサ数 1〜4
チャネル チャネル数(合計) 8〜256
パラレルチャネル数(内数) 8〜96
ACONARCチャネル数(内数) 0〜248
FIBARCチャネル(内数) 0〜36
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜16
システム結合チャネル(内数) 0〜16
データ圧縮機構 標準
内蔵ディスク装置   付加機構
エミュレーションタイプ(容量) H-6587/88-3(最大1,121GB)
H-6586-K(最大968GB)
内蔵暗号機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 16
モ デ ル 510EX 610EX 710EX 810EX
命令プロセッサ台数 5 6 7 8
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 512MB〜32GB
主記憶容量(内数) 512MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜32,256MB
増設単位 128/256/512/2,048MB
入出力プロセッサ数 1〜4
チャネル チャネル数(合計) 8〜256
パラレルチャネル数(内数) 8〜96
ACONARCチャネル数(内数) 0〜248
FIBARCチャネル(内数) 0〜36
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜16
システム結合チャネル(内数) 0〜16
データ圧縮機構 標準
内蔵ディスク装置   付加機構
エミュレーションタイプ(容量) H-6587/88-3(最大1,121GB)
H-6586-K(最大968GB)
内蔵暗号機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 16
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトです。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。
モ デ ル 185EX 215EX 315EX 415EX
命令プロセッサ台数 1 2 3 4
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 512MB〜32GB
主記憶容量(内数) 512MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜32,256MB
増設単位 256/512/2,048MB
入出力プロセッサ数 1〜4
チャネル チャネル数(合計) 8〜256
パラレルチャネル数(内数) 8〜96
ACONARCチャネル数(内数) 0〜248
FIBARCチャネル(内数) 0〜36
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜16
システム結合チャネル(内数) 0〜16
データ圧縮機構 標準
内蔵ディスク装置   付加機構
エミュレーションタイプ(容量) H-6587/88-3(最大1,121GB)
H-6586-K(最大968GB)
内蔵暗号機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 16
モ デ ル 515EX 615EX 715EX 815EX
命令プロセッサ台数 5 6 7 8
交代プロセッサ 標準
記憶装置*1 記憶容量(合計) 512MB〜32GB
主記憶容量(内数) 512MB〜16GB
拡張記憶容量(内数) 0〜32,256MB
増設単位 256/512/2,048MB
入出力プロセッサ数 1〜4
チャネル チャネル数(合計) 8〜256
パラレルチャネル数(内数) 8〜96
ACONARCチャネル数(内数) 0〜248
FIBARCチャネル(内数) 0〜36
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜16
システム結合チャネル(内数) 0〜16
データ圧縮機構 標準
内蔵ディスク装置   付加機構
エミュレーションタイプ(容量) H-6587/88-3(最大1,121GB)
H-6586-K(最大968GB)
内蔵暗号機構 付加機構
浮動小数点拡張機構 標準
プロセッサ資源分割管理機構 付加機構
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*2 16
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトです。
*2
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。

ハードウェア基本仕様:MP5600SX

サポートOS VOS3/FS VOS1/FS*2
記憶装置*1 記憶容量(合計) 128MB〜4GB 128MB、256MB
主記憶容量(内数) 128MB〜2GB 128MB、256MB
拡張記憶容量(内数) 0MB〜4GB -
増設単位 128MB(1GB以下)
256MB(1GB超)
512MB(3GB超)
128MB
入出力プロセッサ数 1〜3 1
チャネル チャネル数(合計) 8〜128 8〜16
パラレルチャネル数(内数) 8〜64 8〜16
ACONARCチャネル数(内数) 0〜120 -
内蔵LANアダプタ数(内数) 0〜8 0〜3
システム結合チャネル(内数) 0〜8 -
内蔵ディスク装置   付加機構
容量(論理スピンドル数) 15.1GB(8)、30.2GB(16)、45.3GB(24)
エミュレーションタイプ H-6586-K H-6558
データ圧縮機構 標準 -
RDBパラレル機構 - 付加機構
PRMF 付加機構 標準
省エネ法に基づく表示 区分 A
エネルギー消費効率*3 19
*1
1MB(メガバイト)=1,0242バイト、1GB(ギガバイト)=1,0243バイトです。
*2
モデル210SXを除く。
*3
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。